【新日本】ベテラン田口がヤングライオン上村に貫禄の勝利!<11.29後楽園>

新日本プロレスは29日、東京・後楽園ホール にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第2合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月29日(日) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人

▼第2試合 30分1本勝負
『BEST OF SUPER Jr. 27』公式戦
〇田口 隆祐 (3勝3敗=6点)
vs
×上村 優也(0勝6敗=0点)
11分26秒  変型オーマイ&ガーアンクル

 

▼試合後バックステージコメント

田口「(『鬼滅の刃』の煉獄さんを意識した口調で)これで、3勝3敗。よもやよもやだ。よもやよもやだ。3敗もしてしまった……。リーグ戦5試合、何か悪夢にでも、悪夢でも見ていたのだろうか。よもやよもやだ。しかし、これで3勝3敗……、気持ちを切り替えて心を燃やして限界に挑みます。(上村)優也さん、優也さん。そのまま、そのままの勢いで日々鍛錬に励めばいいと思う。優也さん。優也さん。いや、今まで以上だな。今まで以上に頑張ればあっという間に私なんか追い抜いてしまうだろう。頑張ってくれ。頑張ってくれ優也さん。1、2、3、3。3……。残り3試合、心を燃やして頑張ります」

上村「普段はふざけているように見える先輩でも、実力は十分すぎる、ハイ。一瞬のスキを突いてどうにかしてやろうと思ったけど、そのさらに数段上、いかれて……。まあ今回、今回だけじゃないですけど。この『SUPER Jr.』、ずっと悔しい思いしてるんで。次はDOUKIさん。あなた、あなたのやってきた10年と僕のやってきたまだ2年半、キャリアに差があるのはもうみんなわかってると思います。でも! お互いの意地を出して正面からぶつかりましょう。今回、すげー悔しいけど、もう“次”をみます。全敗? 全敗対決かな。DOUKIさんは(まだ)わかんないですけど。俺が絶対勝ってやる! ありがとうございました」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事