【新日本】フィンレー&ジュースが現IWGPタッグ王者タイチ&ザックに劇的勝利し二連覇をアピール!!<11.30後楽園>

新日本プロレスは30日、東京・後楽園ホール にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第6試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月30日(月) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:557人

▼第6試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦
〇デビッド・フィンレー & ジュース・ロビンソン(4勝3敗=8点)
vs
ザック・セイバーJr. & ×タイチ(4勝3敗=8点)
21分32秒  ACID DROP→エビ固め

 

▼試合後、ジュースのマイク
「コウラクエン!コンバンワ!ゲンキデスカ!ZSJとタイチは現IWGPタッグ王者だけど、今日は俺たちフィンジュースがイチバン!去年俺たちは『WORLD TAG LEAGUE』を優勝した。今年も、モウイッカイ!今日は生ビール、カンパイ!アリガトウゴザイマシタ。フィンジュース、ガンバリマス!」

▼試合後バックステージコメント

 

フィンレー「みんな見てたか? たった今、俺たちが倒した相手は現IWGPタッグ王者だぞ。未だにベルトを落としてしまったことは悔しい。でも俺たちが『WORLD TAG LEAGUE』を2連覇するんだ! 優勝してブドーカンでトロフィーを高々と上げるんだ! そしてトーキョードームでザックとタイチからベルトを獲る! 俺の言葉を信じてくれ。次はイシイ&ヤノだな? また手強い相手だが、俺たちが勝つに決まってる。最後はゴトー&YOSHI-HASHI。これも間違いなく俺たちが勝つ。ニュージャパン全体を見渡しても、俺たちフィンジュースより強いチームはいないぜ」

ジュース「その通りだ! 前回、『俺たちはイチバンだ。自信を持って行こう』と言った。今日はコーラクエンのメインイベントでチャンピオンチームと闘って、俺たちのほうが強いってことを結果でキッチリ証明してやった。次の相手もキツいけど、問題ない。俺たちが勝つ。俺たちが2連覇して、タッグのベルトを取り戻す。次はもう簡単に失ったりしない。ネットに溢れてるアンチたちよ、俺たちが一番強いチームだって思い知らせてやる」

フィンレー「2連覇するぞ!」

 

ザック「フィンジュースのヤローども! 今までずっといなかったくせに。去年優勝し、ドームでベルトを獲ったのかもしれないが、あっという間にアメリカ大会で失ってたくせに。俺とタイチはこの厳しい状況の中、ジャパンのリングで闘い続け、ベルトを獲ったんだぞ? 俺はジャパンを離れなかった。だからベルトに挑戦する資格があった。お前らが今日運よく勝てたからといって、もう何度もベルトを防衛してきた俺たちから獲れるわけがない! あいつら二人のほうがタッグを組んで長かったとしても、俺とタイチには鉄壁のチームワークが備わってる。3敗してしまったが、もうこれ以上は絶対に負けない。ブドーカンで最後のトロフィーを手にするのは俺たちだ。いくつもの名タッグ王座戦が行われてきたブドーカンの舞台で、俺とタイチが史上最強のタッグチームとなる。確かに俺たちの間には言葉の壁があるかもしれないが、俺たちは愛とウィスキーで結ばれてる。あいつらは今夜ハッピー・ビールで乾杯か? じゃあ仕方ないが、俺たちにはサッド・ハイボールだ。フィンジュース、せいぜい今日は浮かれとけ。でもベルトを賭けて闘ったら、お前らなんか5分で殺してやる!」

※タイチはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事