【新日本】G.o.Dはラフファイトで鷹木&SANADAを撃破し4勝目!<11.30後楽園>

新日本プロレスは30日、東京・後楽園ホール にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第5試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月30日(月) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:557人

▼第5試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦
×SANADA & 鷹木 信悟(4勝3敗=8点)
vs
タンガ・ロア & 〇タマ・トンガ(4勝3敗=8点)
15分28秒  ガン・スタン→片エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

  

邪道「(英語で)これで4勝! ファイナルが見えてきた」

ロア「完全復活だ。まだ生き残ってる。この『WORLD TAG LEAGUE』を優勝するんだ。もちろん優勝だけで満足する俺たちじゃないがな」

タマ「SANADA、お前のスカルエンドは強烈だな。首がもげるかと思った。でも、前回あの間抜けなYOSHI-HASHIにやられちまって、今日は絶対に負けるわけにはいかなった。YOSHI-HASHIに負けた俺をバカにするアンチのコメントをいくつも目にしたが、今日この結果を受けてお前たちがなんて言うのか楽しみだぜ。“TOO SWEET”」

邪道「『WORLD TAG LEAGUE 2020』優勝するのはタマ・トンガ、タンガ・ロア、G.o.D with マスターヒーターだこのヤロウ!」

鷹木「(タオルで流血した顔を隠したまま)ふざけんな!! ふざけんなBULLET CLUB! わかってんな? アホの邪道! クソの東郷! そして腐れ外道オイ! まとめて俺が相手してやるからかかってこいオラ!! ザケンな! アイツは!! まとめてやってやるわ3対1でオラ!」

※SANADAはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事