【新日本】田口がロビーに苦杯!田口「次は鹿児島。ヒロム、いや高橋ヒロム、いや高ヒロ。高ヒロ、てめえの、てめえの心を折ってやるよ」<12.2大阪>

新日本プロレスは2日、大阪・大阪市中央体育館・メインアリーナ にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第3試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年12月2日(水) 17:00開場 18:30開始
会場:大阪・大阪市中央体育館・メインアリーナ(丸善インテックアリーナ大阪)
観衆:1,220人

▼第3試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦
×田口 隆祐(3勝4敗=6点)
vs
〇ロビー・イーグルス(3勝4敗=6点)
13分03秒  ロン・ミラー・スペシャル

 

▼試合後バックステージコメント

田口「(左足を引きずりながらインタビュースペースにやって来て座り込むと、普段とは違う悲壮感のある口調で)ああ、痛え……痛え。折れちまったぁ……足の骨、折れちまったぁ……足の骨、折れちまったぁ……足の骨、折れちまったぁ。でも、心は折れちゃいねえから。まだまだ……あと2戦やってやるぅ。やってやるぅ。次は鹿児島。ヒロム、いや高橋ヒロム、いや高ヒロ。高ヒロ、てめえの、てめえの心を折ってやるよ。鹿児島でてめえのこ・こ・ろを折ってやる……。(立ち上がって)ツウァッ! ツウァッ!(とうめきながら控室へ)」

ロビー「残すはあと2戦。もう優勝戦線に残ってないことはわかってるけど、今日の勝ちで勢いに乗って、良い結果で完走できそうだ。残り2試合も絶対に勝つ。どうあがいてもまったく勝ち目ない選手がいる中、不思議とタグチからはシングルでもタッグでも俺が勝ち越してる。もし誰かが食中毒にかかるくらいのハプニングが起これば、俺の決勝進出の可能性もあるかもな。冗談だよ。そんな意地悪なことは望んでない。とにかく残りも全部勝って俺は実力で選ばれたって証明してやるから。最後まで見てろよ」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事