【新日本】鷹木がヘナーレを沈め、棚橋を挑発!「棚橋弘至って他団体いる時はもっとすげぇレスラーって聞いてたぜ」<12.4別府大会>

新日本プロレスは4日、大分・別府ビーコンプラザ にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第6試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年12月4日(金) 17:00開場 18:30開始
会場:大分・別府ビーコンプラザ
観衆:671人

▼第6試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦
×トーア・ヘナーレ & 棚橋 弘至(1勝7敗=2点)
vs
SANADA & 〇鷹木 信悟(5勝3敗=10点)
19分25秒  ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め

▼試合後、鷹木のマイク
「よしよ~し!約1年ぶりの九州巡業。初日のメインは、俺とSANADAの勝利だ、オラ、オイ!それにしても、ヘナーレのヤツ、オイ、SANADA、だいぶ強くなったな? あのヤロー、メチャクチャ強くなってんじゃねえか、オイ!だけどな、今日はただただ、俺のほうがちょっぴり強かったということだよ。さっき言ったように、今日は九州巡業初日だ。今日をスタートに、別府、鹿児島、福岡と三連戦だよ、三連戦。その三連戦!タッグリーグにエントリーしてるヘビー級の中で、唯一三日間とも出る選手がいるんだよ。オマエら、誰か知ってるか、オイ?誰か知ってるか、オイ?そうか、声出せねえもんな。じゃあ、教えてやるよ。三日とも出るのは、オイ、オレとSANADAだよ、オイ!なんで三日間出るかわかるか? なんで三日間出るかわかるか。控え室でSANADAとしゃべったんだよ。なあ、SANADA。それは簡単なことだ、オレたちは!九州が好きなんだよ、オイ!その好きな九州に次帰ってくるときに、丸腰じゃカッコ悪いな、オイ!オレはもちろんNEVERのベルトをまた、持って来る気マンマンだが、SANADAよ。しっかりこのタッグリーグ、優勝して、次にこの別府に凱旋するときは!タッグのベルトを持ってきてやろうじゃねえか、オイ!ということで、俺の言いたいことは……、以上だ!と言いてえんだが、オイ!オマエら、一年ぶりの九州だぞ、オイ!オレばっかしゃべってっけどよ、SANADAの声、聞きたくねえか、オイ!」

▼試合後、SANADAのマイク
「みなさんにご報告があります。隣の“TKG”と、週プロの表紙になりました。そして、オレたちが優勝します!。オイ、別府! シー・ユー・ネクストタイム!」

▼試合後バックステージコメント

  

鷹木「(※先にコメントスペースに入っていたSANADAに促される形でやってくる。2人が並んだところでSANADAは先に控室へ。1人残され、右ワキ腹を押さえながら)いやあ今日は俺も、ダメージがデカイよ。いつもどおり、一言だけ、一言だけ。ヘナーレ、メチャクチャ面白いよ、お前。あいつが散々挑発してきても、散々シカトとしたけど……期待に応えてくれるな。ああいう熱い若手、俺、大好きだから。大好物だから。何度でもやってやるよ。何度でも、叩き潰してやるよ。

ただよ、俺は戦前、SNSなんかでも言ってるが、ウソじゃないぜ、棚橋弘至! オイ、チョットおとなしすぎじゃないか、オイ? ええ? 俺はオイ、棚橋弘至って、他団体いる時は、もっとすげぇレスラーって聞いてたぜ。棚橋弘至、こんなもんじゃねぇよな。NEVER(のベルト)とかそんなの関係なしに、俺は純粋に棚橋弘至と。なあ、新日本来て3年目だ。シングルやったことねぇんだ。

まあ、今日のタッグマッチでも、ハッキリ言って触ったぐらいだよ。ええ? まあいいや。とりあえず、NEVERもあるが、あさって福岡まで、このタッグリーグひとつに、集中するぞ。以上! 俺の一言だけだ」

※SANADAはノーコメント

 

ヘナーレ「(※辻とキッドに両肩を抱えられながら引き揚げてくる。状況が把握できていないようで)終わったのか? 俺が勝ったのか?」

辻「鷹木選手に3カウントを獲られました」

ヘナーレ「負けた? 何で?」

辻「ラスト・オブ・ザ・ドラゴンです」

ヘナーレ「あいつMADE IN JAPANも使ったのか? 試合中の記憶がまったくない……。最後まで、あんなに死ぬ気で闘ったのに……棚橋さんに責任はまったくない。俺ひとりでタカギを相手にできると調子に乗ってかかっていったせいだ。俺がシンニホンで目指してるベルトは、あのNEVERだ。もう優勝の可能性がないのはわかってるけど、それでも最後まであきらめずに闘いたかったんだ」

棚橋「(※遅れてコメントスペースに入ってくると、ヘナーレの肩を叩きながら英語で)大丈夫だ。その強い気持ち、情熱を忘れるな。(※ヘナーレが先に控室に戻る後ろ姿を見送って)俺も熱くなりてぇなあ……。肉体を、精神が超えるような気持ちをもう1度……。あ、逆だ。精神が、肉体を超えるような気持ちをもう1回、俺には必要……」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事