【新日本】石森がワトに勝利し、天山をディーバ呼ばわり「お前なっかなか渋い好みしてるよな、ハハハ」<12.5鹿児島大会>

新日本プロレスは5日、鹿児島・サンアリーナせんだいにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第5試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年12月5日(土) 17:00開場 18:30開始
会場:鹿児島・サンアリーナせんだい
観衆:1,803人

▼第5試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦
×マスター・ワト(4勝4敗=8点)
vs
〇石森 太二(6勝2敗=12点)
15分34秒  ブラディークロス→片エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

 

石森「(※フロアに座り込んで)ワト、最初に謝るよ。俺が保護者だと思っていた方が、まさかお前の大事なディーバさんだったとはな……。アハハ、それは悪かった。まあ、ディーバさん直伝の技も自分のものにしていて、この『(BEST OF THE)SUPER Jr.』に向けて、なにか残してやろうっていう、そういう気持ちはわかったよ。若いなりにも完成度はなかなかで。ンー、でもまだまだ、青いトコもあるけどな。髪の毛と同じでな……。それに、ディーバさんから、技以外にも、いろいろ教わることがあるんじゃないの? 技だけじゃ『G1(CLIMAX)』2連覇なんて、絶対不可能だからな。しかし……裕二郎さんも、タイチも、若~いねぇちゃんをディーバにしてんのに、お前、23(歳)とかだろ? お前なっかなか渋い好みしてるよな、ハハハ」

「(※立ち上がって)っというわけで……マッスルチワワの大逆襲、6勝目!」

ワト「(※這いながらコメントスペースに入ってきて)言ったな、石森。石森、チャンピオン、いつでも相手してやるって言ったな。いつでも……。よし、いつでもやってやる。(※立ち上がりながら)俺は、石森、お前が持ってる(IWGP Jr.)ベルトが欲しいんだ。いつでもやってやるから……(※と言い残して控室へ)」

天山「(※1人残って)OK……。ハア、もうね、最後ふたつ勝ってっていう前提でいたけども、こんな結果になってね、悔しいですよ。ワトはできるだけ、精いっぱいやることはやったし、あのチャンピオンにね、いまのIWGP現チャンピオン、ジュニアチャンピオンの石森をあそこまで追い込めたんやから。まあ、最後、ガッチリ決められて。ちょっと痛いですね、この(負けは)ね……。昨日(12.2大阪)も今日もっていう。前半調子よかっただけに、後半きてこうやって負けが続いて。しょうがないですけど。とにかく、明日の最後はね。高橋ヒロム、ヒロム、ウン。ヒロムだけは絶対に負けてられへんなって。しっかりと、ガッチリ、(勝利を)獲ってほしいと思いますよ。最後の最後にね、大っきなものを見せてほしいと思います。ヒロム、ガッチリくわらして。OK……」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事