【新日本】デスペがイーグルスをピンチェ・ロコで仕留め6勝目!<12.5鹿児島大会>

新日本プロレスは5日、鹿児島・サンアリーナせんだいにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第3試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年12月5日(土) 17:00開場 18:30開始
会場:鹿児島・サンアリーナせんだい
観衆:1,803人

▼第3試合 30分1本勝負
『BEST OF SUPER Jr. 27』公式戦
×ロビー・イーグルス(3勝5敗=6点)
vs
〇エル・デスペラード(6勝2敗=12点)
14分47秒  ピンチェ・ロコ→体固め

▼試合後バックステージコメント

デスペラード「痛え、いってえ、いてててて……(※と漏らし、足を引きずりながらコメントスペースに入ってくる)あいつ、コメントでさ、なんだっけ、どうあがいても俺だったら勝てないヤツになんとかかんとかっつうて。お前はよ、ヤングライオンじゃないんだから。呼ばれて『(BEST OF THE)SUPER Jr.』に来てるんだろ? 選考メンバーがそんな冷めたこと言ってくれんなよ。こっちのモチベーションにかかわるよ。まあ、やってみたら、なに? もう決勝(進出)の目は潰れてんのか、あれ? 俺はわかんないだけどよ。それで引っかき回してやろうっていう感じか? 散々、丸め込まれて、さすがにちょっといま、だいぶ気持ち悪いんだけどさ。手数すごいな。面白ぇよ、あいつは。ウン、最高に面白ぇよ。だからそんなこと言うな。つまんねぇこと言うな。な。ま、つまんねぇこと言ってんのBUSHIだけだ。あいつ自身がつまんねぇからな」

イーグルス「(※ゲイブリエル・キッドの肩を借りてコメントスペースに入ってきて、崩れ落ちるように座り込み、左ヒザをアイシングしながら)もう、なんて言えばいいのか……。この前のコメントで、“残り全部勝つ”って宣言したばかりなのに。ああ、悔しい。良い結果を残して、俺は実力で選ばれたんだってみんなから認めてもらいたいのに……。脚を狙ってくるとは、さすがデスペだな。賢いやり方だ。でも、あいつの試合を何度もじっくり観察してきたおかげで、技のいくつかは返せた。だけど脚のダメージが大きすぎて、あれ以上は無理だった。仕方ない。残りあと1戦。ヤングライオンのウエムラか……。さすがにここで若手に負けることだけは避けたい。悪いけど、そういうことだ」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事