【新日本】SHOがショックアローで上村を仕留め6勝目!「今は『BEST OF THE SUPER Jr.』優勝、それしか考えてない」<12.5鹿児島大会>

新日本プロレスは5日、鹿児島・サンアリーナせんだいにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第1試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年12月5日(土) 17:00開場 18:30開始
会場:鹿児島・サンアリーナせんだい
観衆:1,803人

▼第1試合 30分1本勝負
『BEST OF SUPER Jr. 27』公式戦
×上村 優也(0勝8敗=0点)
vs
〇SHO(6勝2敗=12点)
15分01秒  ショックアロー→片エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

SHO「ここで、今日、このタイミングで、この川内で、上村とシングルできた、そのことに関しては、この試合後のバックステージで語り尽くせない。そのことに関しては、また、Podcastか、インタービューか、どんどん長く長く語ってやる。でも上村、これから先もずっとだ、ずっと、どちらかが引退するまで、お前は俺のライバルでもあり、戦友だ。それは、忘れるんじゃないぞ。そう、ここで上村と試合できたことは、また今度、語らせてもらう。それより今は、今は、『BEST OF THE SUPER Jr.』優勝、それしか考えてない。明日の石森(戦)、負けるわけにはいかねぇんだよ。チャンピオンだろうが、そんなの関係ねぇ。明日、1リーグ戦の公式戦として、全力でぶつかってやる。そして、決勝に行くのは俺だ」


 
上村「(※ゲイブリエル・キッドの肩を借りてコメントスペースへ。運び込まれると崩れ落ち、そのまま大の字に。大きく息が乱れ、1分余り、話すことができないほど。ゆっくりと正座するような体勢になってから)僕が今回、『(BEST OF THE)SUPER Jr.』エントリー選手に選ばれなかったとき、『なにがあるかわからないから、絶対にあきらめるな』って言ってくれた人が、2人います。そのうちの1人がSHOさんで、僕が出るってなったとき、すごく喜んでくれた。SHOさんとは、地元がいっしょで(愛媛県)、別にこんなこと関係ないですけど、なんか……なにか、感じるものが……。地元がいっしょだからこそ、絶対に負けたくないし、超えなければいけない。でもいまは、まだまだ。近いようで遠い。どの選手もそうです。なんかもう、いま、自分がなに言ってるかわかんないぐらい、あのエルボーで、頭のなか真っ白なんで。また、機会があったら、じっくりは話したいと思います。すいません……。

(※立ち上がって)次は、明日、福岡で、ロビー(イーグルス)さん。俺が今から、『優勝する』なんか言ったら、こいつバカじゃねぇかとか思われるかもしれないですけど、僕がこの『SUPER Jr.』にエントリーが決まってから、僕がこの『SUPER Jr.』に出ると思った人、何人いますか? 最後まで、なにがあるかわかんないです。優勝狙うつもりで明日、まずは1勝。先輩から、(勝利を)獲ってみせます。ありがとうございました(※コメントを終えた瞬間に両ヒザから崩れ落ち、這って控室に向かう)」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事