【JUST TAP OUT】武蔵龍也がTAKAみちのくから田村ハヤト所属ラストマッチで勝利!新が翔太とのインディJr.戦を制しベルト戴冠!1.15 後楽園ホール大会『初』

JUST TAP OUT は15日、後楽園ホール大会『初』を開催。

メインイベントでは田村ハヤトが所属ラストマッチを行い、武蔵龍也が代表のTAKAみちのくからスリーカウントを奪った。

各試合結果と選手の感想は下記の通り

後楽園ホール大会『初』
日時:1月15日(金)開場17:30 開始18:30
場所:東京・後楽園ホール

今大会は18:30からニコニコプロレスチャンネルにて特別PPVとして生中継された。
https://live.nicovideo.jp/watch/lv330004214
 

第1試合 6人タッグマッチ(15分1本勝負)


◯ イーグルマスク&超人勇者Gヴァリオン&EXヴァリオン&カーベル伊藤
(4分37秒 イーグルブレイカーⅠ)
ブラックイーグル&× ブラックチャンゴ&ブラック・ザ・ドラゴン&BM with BPM

※イーグルマスクがブラックチャンゴから勝利を奪い、チャンゴの持つベルトへ挑戦を表明!

第2試合 JTO GIRLSランキングマッチ(15分1本勝負)


7位 × 柳川澄樺
(7分1秒 変形ドラゴンスリーパーホールド)
8位 ◯ YuuRI

※同期対決を制し、YuuRIが6位へ浮上!

第3試合 次期Queen挑戦者決定ハンディキャップマッチ(15分1本勝負)


稲葉ともか&◯ rhythm&神姫楽ミサ
(7分25秒 rhythm cross)
雫 有希&× ブラックR(JKO軍)

※ハンディキャップらしい混戦の中、rhythmがブラックRからギブアップ勝ち。“Queen”雫有希への挑戦権を獲得!

第4試合 インディペンデント・ワールドJr.選手権(15分1本勝負)


× 王者:翔太
(4分7秒 ARTロック)
◯ 挑戦者:新

※翔太は3度目の防衛に失敗。新が第33代チャンピオンとなる。

第5試合 シングルマッチ(15分1本勝負)


◯石川修司
(8分56秒 ランニング・ニーリフト → エビ固め)
× 綾部蓮

※200cm vs 195cm のド迫力な大巨人対決を制したのは貫禄の石川修司
 綾部蓮も必死に食い下がったものの実力差を思い知らされた結果となった。

第6試合 田村ハヤト JUST TAP OUT所属最終試合(30分1本勝負)


田村ハヤト& ◯ 武蔵龍也&イーグルマスク
(17分29秒 雷~イカヅチ~ → 体固め)
× TAKAみちのく&KANON&新

※試合前のイーグルマスク、新らの直訴により6人タッグマッチへ変更。
 

所属同士、田村ハヤトへ最後の挨拶とばかりに集中攻撃を浴びせるも武蔵龍也、イーグルマスクが要所でうまくカット。最後は場外で混戦中に武蔵龍也がTAKAみちのくから所属選手初の3カウント!田村ハヤトへ最後の勝利をプレゼントした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事