【DDT】2・14川崎で坂口征夫との防衛戦に臨むUNIVERSAL王者・上野勇希が青木真也に弟子入り!

 DDTプロレスの今年初のビッグマッチとなる、14日の神奈川・カルッツかわさき大会で、坂口征夫を挑戦者に迎え、3度目の防衛戦に臨むDDT UNIVERSAL王者の上野勇希が“バカサバイバー”青木真也の門を叩いた。

 8日の記者会見で青木とコンタクトを取っていることを明かしていた上野は10日、東京・世田谷区の柔術道場「IGLOO」に出向き、関節技のスペシャリストである青木に指導を仰ぎ、練習を報道陣に公開した。

 1月9日の東京・後楽園ホール大会で同王座のV2に成功した上野は、次期挑戦者に坂口を指名した。ところが同大会での試合後のバックステージや、同28日の東京・新宿FACE大会での前哨タッグ戦ではスリーパーで坂口に絞め落とされて失神する失態を演じており、坂口が得意とするサブミッション対策が課題として浮き彫りになっていた。

上野は「今から攻めを学ぶのは無理があるので守りを教えていただきたい」として、主にスリーパーの防御法を習った。青木は「プロレスのルールでは3カウント、エスケープがあるんで、それを生かして」と話し、スリーパーのディフェンスや、入られたときに後ろに体勢を倒して3カウントを奪いにいく方法などを伝授。

 指導が終わると、2人はみっちりスパーリングで汗を流し、上野は何度も青木に極められながらも、必死に食らいついていた。

 青木は「おもしろい試合をしようとせず、勝ちにこだわる。相手のいいところを引き出してとかじゃなく、勝負にこだわって、(関節を)取らせない。自分のやりたいことだけやることを追求しましょう。プロレスの3カウントはディフェンスにもオフェンスにも使える。それが一番」とアドバイス。

 上野は「対応できるかはどうかわからないですけど、知っているのと知らないの、頭の中で反復しているのとしていないのとでは全然違うと思います。プロレスですから、3カウントもエスケープもある。一つ一つ外していくっていうのも教わったものでもありますし。その辺を意識しながら。負けたらチャンピオンじゃなくなってしまうという重要なことでもあるので」と語り、坂口に対しては「どちらかと言うと、闘っているスタイルとしては得意な方なんですけど、一撃一撃のダメージを感じる。極め技一つ一つを冷静に判断するのが必要だと感じていて。このタイトルマッチの勝敗は自分のこれからに大きく影響するのかなと」とコメント。

 最後に上野は「今日をご縁に防衛し続けた先には青木さんも・・・」と発言するも、青木は「あり得るかな?」と苦笑していた。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

『KAWASAKI STRONG 2021』
日時:2021年2月14日(日) 開場12:30 開始14:00
会場:神奈川・カルッツかわさき

DDT UNIVERSAL選手権試合
<王者>上野勇希 vs 坂口征夫<挑戦者>
※第4代王者3度目の防衛戦

大会詳細はDDT公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/schedules/14872

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事