【WWE】中邑真輔がビックEとIC王座戦もクルーズの乱入で反則裁定

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間2月13日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

“キング・オブ・ストロングスタイル”中邑真輔が王者ビックEとIC王座戦で激突するも、アポロ・クルーズの乱入で反則裁定となった。

リングに登場したIC王者ビッグEがオープンチャレンジを宣言しようとすると、現れたのは先週も挑戦したクルーズ。

すでに防衛しているビッグEがクルーズと睨み合いながらこれを拒否するとそこへ中邑真輔が現れた。中邑とビックEがIC王座戦で対戦すると、序盤中邑が蹴り連打や痙攣式ストンピングで攻め込めば、ビックEもクローズラインからスプラッシュを放って反撃。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合途中、場外に残っていたクルーズがエプロンに上がってビックEの邪魔をすると、中邑は延髄斬りや2ndロープからのジャンピング・ニーを決めて止めのキンシャサを狙ったが、これを回避したビックEが逆にビックエンディングを狙うと突如クルーズが乱入してドロップキックをビックEに放ってしまい、試合は反則裁定となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事