【スターダム】白いベルトをジュリアが防衛!スターライト・キッドのマスク破る暴挙も!ジュリア「頑張ってるだけじゃチャンピオンにはなれないんだよ」2.13 後楽園『Go to BUDOKAN! STARDOM Valentine Special Day-1』

スターダムは13日、東京・後楽園ホールにて『Go to BUDOKAN! STARDOM Valentine Special Day-1』を開催した。

メインイベントで行われた白いベルト(ワンダー・オブ・スターダム)戦は王者ジュリアと挑戦者スターライト・キッドによるプライドをかけた戦いが展開された。

『Go to BUDOKAN! STARDOM Valentine Special Day-1』
日時:2021年2月13日(土)
会場:東京・後楽園ホール
観衆:549人(コロナ対策限定人数)

ジュリアはキッドのマスクに手をかけ、禁断のマスク剥ぎ。レフェリーを突き飛ばしてキッドの素顔を露わにしていく…

ジュリアのスリーパーにキッドは失神寸前。

最後はグロリアスドライバーでキッドを沈めスリーカウントを奪ったジュリア。

▼ワンダー・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
【王者】〇ジュリア vs スターライト・キッド✖【挑戦者】
20分23秒 グロリアス・ドライバー→片エビ固め
 
試合後も執拗にキッドのマスクを剥ぐジュリア。
ジュリア「おいスターライト・キッド、オメエ頑張ってるなぁ。頑張ってるね。でもね、頑張ってるだけじゃチャンピオンにはなれないんだよ。な?本当にオマエは頑張ってる、そのまま頑張れ、そのまま頑張ってまた挑戦してこいよ。それとも、もう怖くてできないか?あん?待ってるぞ、スターライト・キッド、またな。中野たむ、いる?中野たむ、いない?」
 
中野がステージ席より「はーい」と返事をして立ち上がる。

ジュリア「みーっけた。アンタ日本武道館でこうなるから(キッドのマスクのフェザーを捨て、フーッと吹き飛ばす)。日本武道館での髪切りマッチ、賛否両論、大歓迎だよ!私は全身全霊でこの試合に挑む。アイツもきっとそうだろ?だからさ、諸君は見届けてくれよ。私がアイツを本当にこれが最後だよ。本当に地獄に突き落としてやる。日本武道館が中野たむの最後の日だから、見届けに来てやれよ、なあ諸君! また防衛回数を増やしてしまいました。私は白いベルトの絶対王者として、いやこの白いベルトを団体の最高峰のベルトにするから、諸君は目を離すなよ。明日は舞華とひめかがゴッデスを巻く日だ。なつぽい、ひめか、舞華、朱里、そしてジュリア。われわれ世界に弾ける女たち、ドンナ・デル・モンド、明日も暴れまくるぜ。アリーーべデルチ、またな!」

 
<バックステージ>

ジュリアのコメント

「スターライト・キッド、思ったより強烈じゃねえかよ。ちびっちょいガキ、ナメてたよ、完全に。ナメてたけどさ、本当にやるじゃん。でもね、あいつがすげえ頑張ってるのなんか最近わかるじゃん。周りにケンカ売ってさ、こんな子だったっけと思ったけど、そういうヤツなんだな。もうビビッて私とできないんだったらこれで終わりかもしれなーけど、そうじゃないと思ってるから、やり返したかったらいつでも待ってるよ。それから明日は日本武道館の前哨戦とも言える4WAYマッチ、中野たむ。髪切りマッチに対していろんな意見いただいてありがとうございます。そういうの待ってた。非常に私にとってやりがいになる大会になるんじゃないかな。これで中野たむを最後の最後、もう私の前に二度と現れぬように日本武道館で本当の地獄に突き落としてやるよ」

(写真提供:スターダム)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事