【ストロングスタイルプロレス】ケンドー・カシンと初一騎打ち決定の船木誠勝が秘めた思いを語る!

3/3(水)後楽園ホールにて開催する「初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.9」のメインイベントでケンドー・カシンとの初の一騎打ちが決定した船木誠勝からこの一戦に対するコメントが届いた。

———————-

【船木誠勝 ケンドー・カシン戦への思いを語る】

ケンドーカシン戦。同郷。同学年の7ヶ月歳上。新日本プロレス出身。海外遠征先も同じヨーロッパ。身長、体重もほぼ同じ。
1992年新日本プロレスでデビューした彼は自分の7年後輩になりますが、その間にレスリングで6つの金メダルと2つの銀メダルを獲得。
マスクマンになりたかったのになれなかった自分。マスクマンで活躍している彼。
似ているところと違うところ。色々な部分で興味があったケンドーカシンの中身の彼。
その彼と初めてのシングルマッチ。気を引き締めて挑みます。

船木誠勝

———————-

船木の発言からはお互いのレスラー人生を含めた秘めたる強い思い、遂に実現したこの一戦に賭ける期待も感じらる。

ストロングスタイル復権を標榜する初代タイガーマスクが主宰する団体のメインを務めるこの一戦に注目したい。

 

【興行概要】
■興行名称:初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.9
       ~初代タイガーマスク プレ40周年記念興行~
■開催日時:2021年3月3日(水)開場:17時00分/試合開始:18時00分 
■会  場:後楽園ホール
■主  催:初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレス
■共  催:一般社団法人初代タイガーマスク後援会

【対戦カード】

<メインイベント シングルマッチ 60本1本勝負>
船木誠勝(フリー)
vs
ケンドー・カシン(はぐれIGFインターナショナル)

2月12日のプロレスリング・ノア日本武道館大会で船木に挑戦表明をしたカシン。

その際に、なぜかリアルジャパンプロレスの平井代表にサングラスをかけさせ記念撮影をした。

<セミファイナル タッグマッチ 60本1本勝負>
スーパー・タイガー(レジェンド第15代王者/ストロングスタイルプロレス)
藤田和之(はぐれIGFインターナショナル)
vs
河野真幸(フリー)
将軍岡本(フリー)

<UWAアジアパシフィックヘビー級選手権 60分1本勝負>
間下隼人(第4代王者/ストロングスタイルプロレス)
vs
高岩竜一(フリー)

<女子プロレス スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負>
シャガー横田(ワールド女子プロレス・ディアナ)&雪妃真矢(アイスリボン)
vs
安納サオリ(フリー)&青木いつ希(ショーンキャプチャー)

<タッグマッチ 30分1本勝負>
スーパー・ライダー(ストロングスタイルプロレス)
日高郁人(ショーンキャプチャー)
vs
阿部史典(プロレスリングBASARA)
アレハンドロ(フリー)

※対戦カードは変更となる場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事