【全日本】EnfantsTerriblesが内紛?陣も解散?芦野を羆嵐、土肥らが裏切りジェイクらと合流へ!裏切られた芦野は諏訪魔、岩本と合体か?2.23後楽園『2021 EXCITE SERIES』

全日本プロレスは2月23日(火・祝)、東京・後楽園ホールで『2021 EXCITE SERIES』を開催。

第5試合のジェイク・リー&岩本煌史&TAJIRI vs 芦野祥太郎&土肥こうじ&羆嵐の6人タッグ試合終了間際に事件は起こった。EnfantsTerriblesが芦野を羆嵐と土肥が裏切り内紛勃発したのだ。

『2021 EXCITE SERIES』
日時:2021年2月23日(火・祝) 11:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:674人

試合は陣 vs元W-1のEnfantsTerriblesの構図で展開。一進一退の攻防が続く。

しかし試合終盤に芦野がジェイクをアンクルロックにとらえると、EnfantsTerriblesの羆嵐と土肥こうじがこれをカットに入る。救出されたジェイクが芦野から勝利を奪った。

▼第5試合 6人タッグマッチ
〇ジェイク・リー&岩本煌史&TAJIRI vs 芦野祥太郎&土肥こうじ&羆嵐
9分11秒  ジャイアントキリング→エビ固め

場内が騒然とする中、EnfantsTerriblesはセコンドも加勢して芦野を公開処刑。それをコーナーでみていたジェイクも最後にエルボーを加えて不敵な笑み。制止に入る岩本煌史にも攻撃し陣も解体の危機に…

(写真提供:伊藤ミチタカ氏)

両軍入り乱れての大乱闘の末に試合後のジェイクは羆嵐、土肥こうじ、児玉裕輔、大森北斗にTAJIRIも引き連れてコメント。

ジェイク「オレは結果が全てだと思っている…このチームは共感できる部分がある。正義が勝つんじゃなくて、勝つから正義なんだ」

と語り引き連れたメンバーも「おー、凄いな、カッコいいよ」と同調。

TAJIRIも「オレもなんかこれ面白そうだなと思ってついてきちゃった…」と後を追いかける。

ジェイクが描く新たなユニットは果たして全日本でどんな絵を描くのか。

一方の裏切られた芦野は、メイン後に共に裏切られた岩本煌史と共に諏訪魔に呼び出される。

諏訪魔「芦野来いよ。なんか試合でよ、悔しい思いしてんじゃねーの?オメエの中でそういう気持ちがあるならオレはいくらでも協力するよ」

芦野「お願いします」

諏訪魔「岩本来い。オマエあんなんでいいのかよ?ちゃんと怒ってんだろ?あれはねえとオレは思うよ。オマエもやりたきゃやっちゃえばいいんだよ、どうなんだよ?」

岩本「やります!」

芦野「試合あいつらとやらして欲しいです」

岩本「このままじゃ終われないです」

諏訪魔「こういうのいいな、ガンガンやっちゃおうよ。オレ協力すっから。ドンドン言ったれよ!」

岩本「ジェイク、オマエよ中途半場なんだよ。結果が全てだと?オマエは陣で何をやってきたんだよ?オレはチャンピンベルト巻いたぞ。しょーもねぇコバンザメ引き連れてよ、絶対に許さない。痛い目見せてやるよ」

果たして両者の決戦はどの様に進むのか?注目である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事