【新日本】『NJC』オスプレイがザックとの英国人対決を制す!永田が奮闘するもSANADAに敗退<3.14尼崎・全試合結果>

新日本プロレスは3月14日(日)、兵庫・ベイコム総合体育館(尼崎市記念公園総合体育館)で『NEW JAPAN CUP 2021』第8戦を開催した。

今大会は『NEW JAPAN CUP 2021』2回戦として、ザック・セイバーJr.vsウィル・オスプレイ、永田裕志vsSANADAの公式戦2試合含め、計6試合が行われた。

メインはザック・セイバーJr.とウィル・オスプレイのイギリス人対決となった。

試合はハイレベルな攻防を繰り広げる両者であったが、最後はオスプレイの執念が勝りストームブレイカーで勝利。

試合後、マイクを握ったオスプレイは「いま、自分こそが歴代最高のイギリス人レスラーだと胸を張ってそう言える!もう、誰一人として俺の力を疑うことはできない。教えてやる、この『NEW JAPAN CUP』、本当の優勝候補は俺だ。」と宣言。

セミの永田裕志vsSANADAも激しい試合となったが最後はラウンディング・ボディプレスを決めたSANADAが勝利した。

この結果、3.18静岡の準々決勝ではオスプレイとSANADAの対戦が決定した。

※全試合結果を掲載。

『NEW JAPAN CUP 2021』
日時:2021年3月14日(日) 15:00開場 16:00開始
会場:兵庫・ベイコム総合体育館(尼崎市記念公園総合体育館)
観衆:2,142人

▼第1試合 20分1本勝負
上村 優也
辻 陽太 ×
デビッド・フィンレー
vs
矢野 通
石井 智宏 〇
YOSHI-HASHI
10分57秒  ラリアット→エビ固め

▼第2試合 20分1本勝負
DOUKI ×
タイチ
鈴木 みのる
vs
チェーズ・オーエンズ 〇
バッドラック・ファレ
KENTA
7分24秒  パッケージドライバー→片エビ固め

▼第3試合 20分1本勝負
SHO 〇
オカダ・カズチカ
後藤 洋央紀
vs
BUSHI ×
内藤 哲也
鷹木 信悟
10分02秒  ショックアロー→片エビ固め

▼第4試合 20分1本勝負
トーア・ヘナーレ
ジュース・ロビンソン
棚橋 弘至 〇
vs
高橋 裕二郎 ×
 “キング・オブ・ダークネス”EVIL
ジェイ・ホワイト
13分41秒  ハイフライフロー→片エビ固め

■次ページ『NEW JAPAN CUP 2021』2回戦へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2