【DDT】新EXTREME級王者のクリス・ブルックスがプロデュース興行でのメカマミーとの初防衛戦を希望!

 3月14日の後楽園ホール大会で、勝俣瞬馬を破って、DDT EXTREME級王座を戴冠したクリス・ブルックスが初防衛戦の対戦相手にメカマミーを指名した。

 DDTプロレスが同16日、都内で記者会見を開き、新王座に就いたクリスが出席し、「間違いなく、自分が経験したなかで最も“痛い”試合の一つだった。有刺鉄線も画びょうも初めてではなかったけど、有刺鉄線が肉に刺さって取れなくて、レフェリーに外してもらわないといけなかった。それは初めての経験だった。今でもカツマタのことは大嫌いだけど、彼の過密なスケジュールや試合内容を見てみると、ちょっとだけ敬意を表する」と勝俣戦を振り返った。

 今後の展望について、クリスは「DDTらしく防衛ロードを重ねていきたい。おもしろい、危険なルールだったり、場所を問わず、メディアを問わず。後楽園だけではなく、路上、YouTube、あらゆる制限を外して考えて、いろんな形で防衛していきたい」とコメント。

 初V戦に関しては、「ぴったりの場所と相手を考えている。会社と話しているんだけど、プロデュース興行の第3弾を4月の頭に開催する方向で進めていて、そこで防衛戦をしたいと考えている。メカマミーはDDTの歴史そのもの。前回のプロデュース興行で復活させたけど、また葬ってやろうと思っている」と、メカマミー戦を希望していた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事