【新日本】『NJC』鷹木が因縁のKENTAを沈めベスト4進出!試合後、EVILが鷹木を襲撃「二連覇はこの俺のもんだ、よく覚えとけ!」<3.16後楽園・全試合結果>

新日本プロレスは3月16日(月)、後楽園ホールで『NEW JAPAN CUP 2021』第9戦を開催した。

今大会は『NEW JAPAN CUP 2021』準々決勝として、鷹木信悟vsKENTA、矢野通vsEVILの公式戦2試合含め、計5試合が行われた。

メインは鷹木信悟vsKENTAの対決となった。

ドラゴンゲート時代の鷹木はタッグマッチでの対戦でKENTAに病院送りにされた遺恨があり、真っ向勝負を望む鷹木にKENTAはラフ&テクニックで応戦。

最後は意地を見せた鷹木が渾身のパンピングボンバーからラスト・オブ・ザ・ドラゴンを決め勝利を収めた。

試合後、マイクを握った鷹木は「これで俺もベスト4だ。準決勝の相手は!EVILか、オイ!まさかここで、対戦することになるとはな。願ったり叶ったりだぜ」と話したところでEVILが登場。

セミの矢野通vsEVILもラフな展開となり、試合中に突如場内が暗転。明かりがつくとEVILが矢野にEVILを炸裂させ勝利した。

※全試合結果を掲載。

『NEW JAPAN CUP 2021』
日時:2021年3月16日(火) 17:00開場 18:00開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:648人

▼第1試合 20分1本勝負
永田 裕志 〇
小島 聡
天山 広吉
vs
ゲイブリエル・キッド ×
上村 優也
辻 陽太
10分08秒  ナガタロックII

▼第2試合 20分1本勝負
トーア・ヘナーレ ×
ジュース・ロビンソン 
デビッド・フィンレー
vs
チェーズ・オーエンズ
バッドラック・ファレ 〇
ジェイ・ホワイト
10分46秒  グラネード→片エビ固め

 

▼第3試合 20分1本勝負
BUSHI ×
SANADA
vs
ジェフ・コブ 〇
ウィル・オスプレイ
8分34秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め

■次ページ『NEW JAPAN CUP 2021』準々決勝戦へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2