【新日本】『NJC』鷹木が無法殺法のEVILから勝利、フィンレーを撃破したオスプレイと決勝で激突!!<3.20仙台・全試合結果>

新日本プロレスは3月20日(土)、宮城・ゼビオアリーナ仙台で『NEW JAPAN CUP 2021』第12戦を開催した。

今大会は『NEW JAPAN CUP 2021』準決勝として、デビッド・フィンレーvsウィル・オスプレイ、鷹木信悟vsEVILの公式戦2試合含め、計6試合が行われた。

セミでは今大会でシングルプレイヤーとして覚醒した感があるフィンレーが決勝への意欲を見せ奮闘するが、オスプレイが最後にストームブレイカーで粘るフィンレーを仕留めた。

メインでは元ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーであるEVILと鷹木信悟がシングル初対決となった。

序盤から激しく火花を散らした両者であったがEVILがラフを仕掛け、東郷の乱入でマジックキラーを決められ大ピンチに。

しかしここから鷹木が反撃を仕掛け、ついにパンピングボンバーから必殺のラスト・オブ・ザ・ドラゴンでEVILを沈めた。

これにより決勝ではウィル・オスプレイvs鷹木信悟となった。

試合後、マイクを握った鷹木は「オスプレイ、おまえがいま必要なのは栄光じゃねぇ。オスプレイ、おまえにいま必要なのは挫折だ。とんでもなく大きな挫折だ。その挫折を俺が明日おまえに与えてやるよ!」と言い放った。

※全試合結果を掲載。

『NEW JAPAN CUP 2021』
日時:2021年3月20日(土) 15:30開場 17:00開始
会場:宮城・ゼビオアリーナ仙台
観衆:1,230人

▼第1試合 20分1本勝負
上村 優也 ×
ジュース・ロビンソン 
vs
グレート-O-カーン
ジェフ・コブ 〇
8分44秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め

▼第2試合 20分1本勝負
SHO
YOSHI-HASHI
矢野 通 〇
vs
邪道 ×
チェーズ・オーエンズ
バッドラック・ファレ
7分58秒  横入り式エビ固め

▼第3試合 20分1本勝負
BUSHI
SANADA 〇
内藤 哲也
vs
DOUKI ×
ザック・セイバーJr.
タイチ
11分19秒  Skull End

▼第4試合 20分1本勝負
オカダ・カズチカ
棚橋 弘至
飯伏 幸太 〇
vs
高橋 裕二郎 ×
KENTA
ジェイ・ホワイト
10分26秒  カミゴェ→片エビ固め

■次ページ『NEW JAPAN CUP 2021』準決勝戦に続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2