【WWE】“ザ・フィーンド”ワイアットが復活してオートンをシスター・アビゲイル葬

日本時間322日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「ファストレーン」がライブ配信された。

◆“ザ・フィーンド”ワイアットが復活してオートンをシスター・アビゲイル葬

“毒蛇”ランディ・オートンと“小悪魔”アレクサ・ブリスがPPV「ファストレーン」で激突するも、火葬されたはずの“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットが復活してシスター・アビゲイルでオートンを沈めた。

先に入場したオートンは試合前から黒い血を吐いて苦しむと、試合ではアレクサはいきなり炎を放つ異次元の戦いで翻弄。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにアレクサは天井を見上げるとまるで超能力のように突如照明器具が落ちてきてオートンは危機一髪。

防戦一方のオートンに対してアレクサは「カモーン!ランディ」と挑発しながら火の玉を放つと、今度はリングマットから不気味な手が現れてオートンの足を掴んだ。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

すると火葬されたはずのザ・フィーンドがマットを突き破って登場して動揺するオートンにシスター・アビゲイルを叩き込むと、最後はアレクサが倒れ込んだオートンに馬乗りになって3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

死の淵から蘇ったザ・フィーンドが因縁のオートンを襲撃し、オートンとザ・フィーンドの因縁がさらに激化した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事