【スターダム】なつぽい「たむのこと見てると一つ一つが鼻につくし、なんかムカつく!」たむ「この白いベルトの聖なる王者として、あなたのずっとずっと先に行く」4.4タイトル戦を前に舌戦を展開!

女子プロレス・スターダムは24日、 都内にて4月4日に行われる横浜武道館大会の記者会見&調印式を行った。

なつぽいは3.3日本武道館大会でハイスピードのベルトを獲得。そして、3.14新宿大会で行われた赤いベルトの王者・林下詩美と白いベルトの王者・中野たむとの女王の3WAYマッチで中野から勝利して白いベルトへ挑戦表明をした。

なつぽいは「私が、この白いベルトに挑戦したい、白いベルトが欲しい理由が2つあります。でも1つは、今日は言わない。長くなっちゃうから。もうひとつの理由を今日は話したいと思います。たむちゃん、ねえ見て。(二人の写真を見せる)

ウチらってこんなに仲良かったんだよね。いつからだろう?たむちゃんってさあ、鈍感?っていうかさあ、他人に興味ないでしょ!私にネコ被ってるとか言ってたけど、たむちゃん、どうなの?もしかして、このときもビジネスだったのかなあ?(写真を引き裂く)

たむちゃんってさあ、いっつも自分のことばっかり!そうやって欲しいもの手にしてきたんだろうね。私にはそれができなかった。(また違う写真を見せる)たむちゃんのこと本気で信頼してた自分がバカみたい!たむちゃんのこと、ホントに大好きだったんだけどね(涙)

今じゃ、たむのこと見てると一つ一つが鼻につくし、なんかムカつく!アンタだけにはさあ、ほかの誰よりも負けたくねえんだよ!これが、いま私がこのベルトを欲しい1つの理由です」

中野たむ「なっちゃん、欠場してたけど、大丈夫?それとも、私をあざむくための仮病かなあ?あのさあ!私が自分のことばっかりで欲しいものを手に入れてきた?欲しいものは自分の力で手に入れる、なにがなんでもなりたい自分になる、それがプロレスラーでしょ!」

なつぽい「いっちょまえにプロレス語ってんじゃねえよ」

中野「なっちゃんはさあ、それができないから、いっつも人の目を気にして、ご機嫌伺って、ホントはそのドロドロに汚い嫉妬深さをひた隠しにしてきたんだよね?はあ…。ビジネス仲良しはそっちの方だったんじゃないの?」

なつぽい「うるさいなあ!」

中野「私は、この白いベルトの聖なる王者として、あなたのずっとずっと先に行く。バラ色のチャンピオンロードを築くよ。そうだ、私のブシロード、すなわち、タムロードを見せてあげる。(なつぽいのとこへ行き写真をビリビリに破く)私が全部捨てて死にもの狂いで掴んだこのベルト、取りに来いよ」

なつぽい「言われなくても取りに行ってやるよ。ホントはさあ、このベルト(ハイスピード)も懸けて2冠戦やってもいいなと思ったけど、たむちゃんはロースピードだから、今回はその白いベルトで全部教えてやるよ。覚悟しとけ」

かつて同じ団体に所属していた二人の因縁深い対決の結果はいかに。

『U-REALM Presents YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Spring』
日時:2021年4月4日(日) 
FC有料会員先行入場3:45PM/開場4:00PM/開始5:00PM
会場:神奈川・横浜武道館

第5試合:ワンダー・オブ・スターダム選手権試合
《王者》中野たむ(COSMIC ANGELS)
vs
《挑戦者》なつぽい(Donna del Mondo)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事