【プロレスTODAY増刊号】後編Part2 W.W.W.D世界シングル王者・佐藤綾子の癒しマイクロブタとレジェンド井上京子が語る女子プロレス界の今について

ワールド女子プロレスのW.W.W.D世界シングル王者の佐藤綾子と次期挑戦者の井上京子がプロレスTODAYに来社。

前編では4月18日にカルッツかわさきで行われる旗揚げ10周年記念大会のメイン戦について語り

後編の Part1では子育てをしながら奮闘する佐藤綾子とお風呂での食事生活について井上京子に話してもらった。

後編の Part2では更にディープに、佐藤綾子が飼っているマイクロブタの話や井上京子に聞く女子プロ界の今について迫った。

▼佐藤綾子と井上京子のインタビュー動画(後編Part2)はコチラから視聴可能▼

マイクロブタを家で飼育する佐藤綾子はそのブタちゃん(名前:チャコちゃん)とのエピソードを披露。自分も人間だと思っているチャコちゃんは3人の子供と一緒にお布団に入ったり、すっかり家族の一員で外出から帰った時にも出迎えてくれるとのこと。

マイクロブタを飼うきっかけとなったのは旦那さんがペットの飼育が夢だったからとのこと。エサはブタ専用のものと野菜。最新のチャコちゃんの模様はTwitterで#今日のチャコちゃんでアップしているのでそちらで確認してみて欲しい。

後半では懐かしのLady’sゴングも飛び出した。昔と変わってないと並べてポーズを見せる井上京子。

(なんでもLady’sゴングの表紙を一番多く飾ったのも井上京子であるらしい…)

番組の後半ではこの懐かしの雑誌もみながら佐藤綾子から井上京子への質問タイムに。

 

1.若さを保つ秘訣は?

井上「全く何も考えてない。食べるものは食べているし、若くいるために何かしようと1つもしていない。でも嬉しい。変わってないと言ってもらえるのは」

ストレスがないことが秘訣?と聞かれると

井上「ストレスだらけだよ(笑)」と返すもそんな状況でも見た印象を変えずに維持できていることは驚愕だ。

 

2.両国大会が行われた時のビッグマッチでメインを張っていた京子さんからみた今の女子プロ界はどうか?

井上は「何も思ってないよ」と前置きしつつも先日3.3日本武道館で行われたスターダムの10周年記念大会に話を巡らせて(井上京子自身も大1試合のオールスター・ランブルに出場した

©スターダム

井上「私は1試合目に出させてもらったけど、この後メインが行われるわけで、メインで髪切りマッチをやる選手たちは『何年か前の武道館でやった私の緊張と同じ緊張を味わってるんだろうなぁ』とか色々思ったら感慨深くて…『私、この武道館で全女辞めたんだよなぁ』とか。何か色々考えるものがありました。本当に今と昔、プロレスが全然違くって、もうあの時の様な時代は2度と来ないし、かといって今私たちがやっていること、ディアナがやっていることは間違ってないというか、残さなければいけない文化の1つだと思うんです。本物は必ず残るし、心に響く。プロレスの中にも色んなプロレスがあって、球技で例えればサッカーもあれば卓球もあるように、今だったらディアナがあって、スターダムがあって他にも色々あって、でもその中でディアナを見ている人がどれだけいるかわからないけど、まだまだ全然負ける気もしないし、本物は残ると思っているので、今後どこの団体にも負けないように頑張っていこうと思ってます。」とその思いの丈を述べた。

この言葉を聞いて「ディアナに入って良かった」と感慨を述べた佐藤綾子。

逆に井上京子からは「今の若手についてどう思いますか?」とベテランと若手の間に立つ中間層だからこその意見を聞かれる佐藤綾子。

佐藤「自分、子供がいて幼稚園も通わせていて親向けのお便りを貰うんですよ。その中に『多様性を認めよう』『色んな人がいるんだよ』という趣旨のことが書いてあり、女子プロ界にも色んな人がいるので…何をやっているんだろう?と思うことはあっても、私以外にも色んな人がいるんだなという気持ちはもってはいるものの、たまにイラっとすることも出ちゃう」と話した。

井上「私たちが若い時も宇宙人なんて言われてましたけど、あの時は年寄りの人たちはそうやってみてたんだなぁと色々思いますね」と年齢を重ねた今だからこそわかる感想を語った。

 

マイクロブタに癒されながら中間管理職を代表して戦うワーキングマザー王者・佐藤綾子と全女も含めた女子プロレス界の歴史を背負って戦う井上京子がメインイベントで戦う4.18 カルッツかわさき大会まであとわずか。是非この2人の激闘をその目にとどめて欲しい。

ワールド女子プロレス・ディアナ
~旗揚げ10周年記念大会~
日時:2021年4月18日(日)開始12:30開場11:30
会場:カルッツかわさき
※緊急事態宣言などの状況により開始時間が変更になる場合あり。

▼第1試合タッグマッチ20分1本勝負
ななみ&野崎渚(プロレスリングWAVE)
vs
DASH・チサコ(センダイガールズプロレスリング)&中森華子(PURE-J)

▼第2試合タッグマッチ20分1本勝負
マドレーヌ&朱崇花(フリー)
vs
アンドラス宮城(フリー)&三浦亜美(アクトレスガールズBeginning)

▼第3試合スペシャルタッグマッチ30分1本勝負
ジャガー横田&神取忍(LLPW-X)
vs
伊藤薫&井上貴子(LLPW-X)

▼セミファイナル W.W.W.D認定世界タッグ選手権試合60分1本勝負
【王者】3A 笹村あやめ&進垣リナ(共に2AW )
vs
【挑戦者】ルミナス 梅咲遥&高瀬みゆき(アクトレスガールズBeginning)
※第14代王者チーム、3度目の防衛戦。

▼メインイベント W.W.W.D認定世界シングル選手権試合60分1本勝負
【王者】 佐藤綾子 vs 井上京子【挑戦者】
※第13代王者、2度目の防衛戦。

<インタビュアー:プロレスTODAY総監督 山口義徳>

【プロレスTODAY増刊号】ディアナ10周年記念大会メインで対戦するW.W.W.D世界シングル王者 佐藤綾子と挑戦者 井上京子がディアナ10周年と王座戦への思いを語る

【プロレスTODAY増刊号】後編Part1 ワーキングマザーとして活躍するディアナ王者 佐藤綾子とお風呂でご飯を食べる井上京子のプライベートに迫る

 

ディアナの道場マッチも見れるdiana official YouTubeはコチラから視聴可能

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事