【新日本】内藤がオーカーンにリベンジ!「ホームでの勝利を2021年逆転の内藤哲也のキッカケにしたいと思います」 4.26広島大会<全試合結果>

▼第5試合 60分1本勝負
スペシャルシングルマッチ
SANADA 〇
vs
アーロン・ヘナーレ ×
23分28秒  ラウンディングボディプレス→体固め

■試合後バックステージコメント

SANADA「ヘナーレの行動力、そして成長はすごいと思うよ。ただ、俺に勝とうとしたのが、早すぎただけだよ」

ヘナーレ「(※オスプレイがピッタリと寄り添っている。片ヒザを着きながらも、ビデオカメラをにらみつけるようにして話し始める)あともう一歩、もう一歩で俺が勝ってた。作戦通り進んでたのに……。最後にコーラクエンホールで闘ってから、あいつは俺の技をよく研究したんだろうな。チクショー! でもSANADA、これで終わりだと思うなよ。また1対1で勝負だ。今日勝ったのはお前だが、俺はリョーゴクとコーラクエンで2回、お前からスリーカウントを奪ってるんだ。また次、お前と当たるまで辛抱強く待つぞ。俺は強い味方を得たんだ。今日のことはもういい。次の相手に向かっていく。この鬱憤はカゴシマで当たるかつての友、タナハシに全部ぶつけてやる。タナハシ、覚悟はいいか。もう俺はヤングボーイじゃない。お前の言いなりだった昔の俺じゃない。ただ暴れ狂うだけでもないからな(※と言うと立ち上がって控室に向かう)」

オスプレイ「(※ヘナーレに肩を貸す形で)ドクターに診てもらった方がいいな」

ヘナーレ「ああ、ロッ骨が折れてるみたいだ……」

 

▼第6試合 60分1本勝負
スペシャルシングルマッチ
内藤 哲也 〇
vs
グレート-O-カーン ×
27分05秒  デスティーノ→片エビ固め

■内藤がリング上からマイク

■内藤「ブエナスノーチェス、広島!今年2月の2連戦に続いて、今年3回目の新日本プロレス・広島大会、平日にもかかわらず、今日、ここ広島サンプラザホールへ訪れたたくさんのお客様、心からお礼申し上げます。グラシアス、アミーゴス!俺はただただ広島東洋カープが大好きってだけなんですけど、俺はここ広島を自分のホームだと思ってます。そのホームでの勝利を2021年逆転の内藤哲也のキッカケにしたいと思います。ちなみに、次回の広島大会ですが、まだ決まってないようですが、次の広島大会、そして今日から始まる逆転の内藤哲也の姿を、皆様、トランキーロ! あせらずに、そしてバリバリバリ楽しみにお待ちください。ではでは、最後はいつものアレ。今日は皆様と一緒に大合唱することはできませんが、ぜひ心の中で一緒に叫んでください。新日本プロレス、今年3回目の広島大会、最後の締めはもちろん、BUSHI、SANADA、ヒロム、鷹木・イ・内藤、ノスオトロス、ロス・インゴベルナブレ~ス・デ・ハポン!」

■試合後バックステージコメント

内藤「帝国の支配者、という名前のUNITED EMPIREの広報さん。広報さん、俺は言っとくけど、広報さんをバカにしてないよ。あれだけ堂々と、リング上で広報活動をできる人は、なかなかいないよ。すごいと思うよ。それに彼は、レフェリーストップとはいえ、間違いなく俺に勝ってるからね。俺はギブアップしないよ。でも、俺は負けてるから。実力も間違いないでしょう。そして広報活動も間違いないでしょう。いや、すごい選手だと思いますよ。だからこそ俺は、TETSUYA NAITO de la Leversion、“逆転の内藤哲也”のきっかけに、彼を指名したんだ。

そのへんの誰でもよかったらそんなの、きっかけにならないからね。きっかけになり得る男だからこそ、きっかけにしたわけで、俺はUNITED EMPIREの広報さん、グレート-O-カーン、なかなかいいと思ってるよ。まあそんな相手、そんなO-カーン相手に今日、リング上でも言った通り、“逆転の内藤哲也”のきっかけを見せることができたんでね。前回ここ、俺のホームである広島で、ベルト統一阻止を大声で叫んだんだけどね。皆様に結局ウソをついてしまったことになってしまった。じゃあ今回、“逆転の内藤哲也”を宣言した、“逆転の内藤哲也”を実現させなかったら、またまたホーム広島のお客様にウソをついたことになってしまうからね。ここ広島で宣言したこと、しっかり守りますよ。今日の勝利を、“逆転の内藤哲也”のきっかけにしてみせるよ。

今年の年末あたり、振り返った時、『ああ、あの広島のO-カーン戦が“逆転の内藤哲也”のきっかけだったね』って言ってもらえるように、ここから一気に、トップに突っ走ってみせますよ。その姿を皆様、トランキーロ、焦らずに、そしてバリッバリッバリ、楽しみにお待ちください。おっと、次は明後日の鹿児島大会……O-カーンが言ってたよね、『内藤に負けたら辮髪を切って、ヒゲを剃り落として、ヤングライオンスタイルで試合してもいい』みたいなこと言ってたよね? ってことは明後日の鹿児島大会もしかしたら、辮髪を切って、ヒゲを剃ったグレート-O-カーンの姿を見れるかもしれないね。それを楽しみに鹿児島大会へ行きますよ。また明後日、会場でお会いしましょう。アディオス」

O-カーン「(※フロアにあぐらをかいて、後頭部を押さえながら振り絞るように)クソッ……フンッ……。こんだけ、バカにした、ヤツに負けたんだ。とんだ笑いもんだ。テメエが一番笑えるよ。だがな、恥じた試合は、してねえつもりだ。(※ゆっくり立ち上がり)だから、胸だけは張らしてもらうぞ(※と言い残して控室へ向かう)」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2