【DDT】帰国した竹下幸之介がAEW参戦を報告「この自信を武器に秋山準の前に立ちたい」

 DDTプロレスが4月27日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、米国遠征から帰国した竹下幸之介がAEW参戦を報告した。同団体で竹下はケニー・オメガと2度タッグを組むなど、3試合に出場した。

 竹下は「今海外遠征がすごく難しい環境のなかでも、AEWで試合をしたかった一番の理由は、去年から失った自信、自分のなかで持てない自信を取り戻すため。特別なことをしたわけではなく、いつも通り、DDTで培ってきた竹下幸之介のプロレス、パフォーマンスをぶつけて、たくさん評価を得られたというのは、自信を取り戻すきっかけとなりました。この自信を武器に秋山準選手の前に立ちたいと思ってます。直近ではタッグリーグ、6月6日『サイバーファイトフェス』での清宮海斗選手、稲村愛輝選手との試合も迫っているので、その前にいいシチュエーションで戻ってこれたと思います」とコメント。

 遠征中の浅草花劇場大会(4月15日)には、清宮と稲村が視察に訪れたが、「正直に言うと、僕がいないことを知ってて来てると思うんですよ。僕がいるときに来なきゃ意味がないんじゃないかと思ったし、竹下幸之介から逃げてるのかなと。何で来たのかもわからないし、本人たちも来たかったというか、来させられてるのかなっていう感じを受けました」(竹下)とキッパリ。

 AEWでの印象について、竹下は「AEWという団体は選手層が厚くて、トップ選手のなかには、ケニー、ヤングバックス、クリスチャン、マット・ハーディー…数々のトッププレイヤーがいる。そのなかでキャリアも実績もない選手たちがAEWダークエベレーションで、ダークだけで15試合とかあってサバイバルだなと。僕もそのなかに入って、何もないまっさらな状態で、ケニー、中澤(マイケル)さん以外、誰も知らない状況でチャレンジして、評価を得られた。刺激を受けたし、ハングリー精神を感じた」と話した。

 次の機会に対戦したい相手としては、「AEWダークエベレーションはほとんどの選手が出るなかで、『DYNAMITE』はトップ選手でも、月に1試合あるかどうか。そこで試合をするのが一軍のロースターに入ることで。そこに入って試合をしたいというのが目標になった。対戦したい相手としては、この数年間、一番影響を受けたケニー、そしてクリス・ジェリコともちょっと会話をしてきたので。対戦の機会があればいいなって話をしていただいて、そのチャンスがあれば呼ばれると思うんで、そのときもDDTの竹下幸之介として試合をしたいと思います」(竹下)と夢を馳せていた。

(写真提供:DDTプロレスリング)

【AEW】ケニーオメガ&竹下幸之介&中澤マイケルがサイダル兄弟と対戦!水波綾も登場!AEW Dark Elevation 6(動画あり)

【AEW】竹下幸之介がシングル戦に登場(動画あり)ケニーは次戦で中澤マイケルとのタッグでサイダル兄弟とタッグ戦を要望!AEW Dark Elevation 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事