【DDT】KO-D無差別級王者・秋山準「サイバーフェス」での防衛戦を前にHARASHIMAとバチバチの前哨戦「俺はDDTのいろんなものを背負っていくつもりだから。武藤VS丸藤にも負けたくない」

 DDTプロレスが5月4日、東京・後楽園ホールで「MAX BUMP 2021」を無観客で開催し、動画配信サイト「WRESTLE UNIVERSE」で生中継された。セミファイナルでは、6月6日、埼玉・さいたまスーパーアリーナでの「CyberFight Festival 2021」でKO-D無差別級王座を争う、王者・秋山準と挑戦者・HARASHIMAが前哨戦で激しい火花を散らした。

この日、秋山は大石真翔、岡田佑介とのトリオで出陣し、ディザスター・ボックスのHARASHIMA、大鷲透、平田一喜組と対戦。HARASHIMAがミドルキック連打、蒼魔刀を見舞えば、秋山はエクスプロイダー、ヒザ蹴りを繰り出すなど、タイトル戦さながらの攻防を繰り広げた。最後は大石がブルーダリアで固めて平田からピンフォールを奪い、秋山組が制した。試合後、秋山とHARASHIMAは視殺戦を展開。

 秋山は「やる度に彼はおもしろい選手。6月6日まで前哨戦はあと一つ? そこで全部見ないといけないな。まあ俺は見せないけど」と発言。さらに、「サイバーフェス」に言及した秋山は「(比較)されるでしょうね。それは当たり前のことで。もちろん全部に勝つつもりでいくし。自分を上げないといけないし、DDTを上げないといけないし、サイバーファイトも上げないといけないし。たくさん使命がかかっている。竹下(幸之介)は、昨日(ノアに)行ったけど、清宮(海斗)はプロレス界どうのこうの言ってたけど、オマエらプロレス界のこと考えなくていいから。清宮って何年? 4年ぐらいでプロレス界のこと考えるって、言わせている団体もどうかと思うよ。『団体どうのこうの、プロレス界どうのこうのオマエら関係ない。思い切り行ってこい』って言うぐらいじゃないと。その点では竹下は、『目の前のヤツを倒す』。俺はアレが一番若者らしくてよかった。竹下にいろいろ手厳しいことを言ったけど、今回のあの言葉、アレでいいんだよ。目の前のヤツに勝つ。それだけでいいよ」とコメント。

 さらに、秋山は武藤敬司VS丸藤正道のGHCヘビー級選手権戦への対抗心を問われると、「もちろんありますよ。武藤さんも、丸藤もそうだし。みんなに負けたくない。その日一番の試合をしたいと思うだろうし。結果どうなるかわからない。もしかしたらダメになるかもわからない。でもみんながその日一番の試合を狙っていったら絶対にいい大会になるから。みんながメインを取る、今日この日一番の試合だったと言われるぐらい、みんながやれば絶対にいい大会になるから。俺は今これ(ベルト)を持ってて、DDTのチャンピオンで代表で、外様だけど。でも俺はDDTのいろんなものを背負っていくつもりだから。負けられないし、負けないし、もちろん武藤VS丸藤にも、女の子たちにも負けたくないし。そのつもりでいく。みんなそれぐらいの気持ちでいってもらいたい」と話した。

 HARASHIMAは「秋山さんとたくさん当たって、お互い踏み込ませない場所を今日も感じながら。今日は顔面にいいヒザをもらったので、やり返しますよ。ヒザの使い方にはこだわりがあるので。今日もらった分、ガッチリとやり返します。火、つきましたよ」と闘志を燃やしていた。

MAX BUMP 2021
【日時】2021年5月4日(火・祝)
【会場】東京・後楽園ホール

▼オープニングマッチ いろいろあった菊タローの笑顔を取り戻すための3WAYマッチ 30分一本勝負
○菊タロー vs アントーニオ本多 vs 男色ディーノ●
7分11秒 監獄固め

▼第二試合 30分一本勝負
○彰人 vs マッド・ポーリー●
7分59秒 足4の字固め

▼第三試合 KO-D8人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>○高木三四郎&納谷幸男&力&なべやかん vs 中村圭吾●&岡谷英樹&小嶋斗偉&高鹿佑也<挑戦者組>
9分17秒 エビ固め
※シットダウンひまわりボム。第4代王者組が初防衛戦に成功。

▼第四試合 3WAY6人タッグマッチ 30分一本勝負
佐々木大輔&遠藤哲哉&火野裕士 vs 樋口和貞&坂口征夫&●飯野雄貴 vs 竹下幸之介○&勝俣瞬馬&MAO
11分26秒 片エビ固め
※MADMAX

▼第五試合 DDT EXTREME級&アイアンマンヘビーメタル級両選手権試合 60分一本勝負
<EXTREME級王者>○クリス・ブルックス vs 赤井沙希●<アイアンマン王者>
17分38秒 片エビ固め
※プレイングマンティスボム。赤井がアイアンマンヘビーメタル級王座防衛に失敗、クリスが第51代DDT EXTREME級王座2度目の防衛に成功するとともに第1507代アイアンマンヘビーメタル級王者となる。

▼セミファイナル 30分一本勝負
秋山準&○大石真翔&岡田佑介 vs HARASHIMA&大鷲透&平田一喜●
11分42秒 ブルーダリア

▼メインイベント DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○上野勇希 vs 高尾蒼馬●<挑戦者>
25分39秒 片エビ固め
※WR。第4代王者が5度目の防衛に成功。

(写真提供:DDTプロレスリング)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事