【ドラゴンゲート】金網マッチはSB KENToが敗れて髪切り執行!シュン・スカイウォーカーがTKO勝ちでドリームゲートV4!5.5愛知県体育館『DEAD or ALIVE 2021』<全試合結果>

ドラゴンゲートは5日、愛知県体育館にて『DEAD or ALIVE 2021』を開催した。

メインイベントで行われたマスカラ・コントラ・カベジェラ 金網サバイバル・タッグマッチでは、KAI→ドラゴン・キッド→YAMATOの順でエスケープによりYAMATO&KAI 組が勝利。敗者チームのキッドとSB KENToがシングルマッチで対決となりキッドが勝利、髪切りが執行された。

また、オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合ではシュン・スカイウォーカーがHipHop 菊田からTKO勝利で4度目の防衛に成功した。悔しい敗戦に菊田は自身のTwitterにて「一生忘れねぇぞクソ野郎」と心境をツイートした。

そして、オープン・ザ・トライアングルゲート、オープン・ザ・ツインゲート統一タッグはそれぞれ新王者が誕生。

注目のB×Bハルク、Eita、土井成樹、吉野正人がタッグを組んだスペシャル 8 人タッグマッチ-SPEED STAR FINAL COUNTDOWN in NAGOYAは、吉野がEitaに急所攻撃を食らい、フォール負けとなった。

DEAD or ALIVE 2021
2021 年 5 月 5 日(水祝) 16:00 試合開始
会場:愛知県体育館
観衆:2,180 人

【第 0 試合=5 分 1 本勝負】※大会開始前に行われました
△ヨースケ♡サンタマリア
(時間切れ引き分け)
FUNKY“JACKY”KAMEI△

【第1試合=20 分1本勝負】
ダイヤ・インフェルノ
●H・Y・O
ディアマンテ
vs
ホーホー・ルン
ボクティモ・ドラゴン
Ben-K ○
7 分 22 秒 エビ固め ※ホイップ・スピア

【第 2 試合=20 分1本勝負】
●問題龍
●このまま市川
vs
ドン・フジイ○
ウルティモ・ドラゴン○
4 分 30 秒 同時フォール
※ウルティモが問題龍をフジイが市川を同時に押さえ込む

【第3試合=60 分1本勝負】★オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
○《王者》奥田啓介
(11 分 31 秒 レフェリーストップ ※胴締めスリーパー)
《挑戦者》U-T●
※王者が 4 度目の防衛に成功

【第4試合=時間無制限】★スペシャル 8 人タッグマッチ -SPEED STAR FINAL COUNTDOWN in NAGOYA
B×Bハルク
Eita
土井成樹
●吉野正人
vs
箕浦康太○
Kagetora
神田裕之
斎藤了
11 分 56 秒 体固め
※Eita が吉野に急所攻撃、その上に KO されていた箕浦を覆いかぶせる

【第5試合:60 分 1 本勝負】★オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
《王者組》
●吉田隆司
望月成晃
vs
《挑戦者組》
KAZMA SAKAMOTO
石田凱士○
10 分 22 秒 アンクルホールド
※石田&KAZMA 組が第 52 代王者組に

【第6試合:60 分 1 本勝負】★オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
《王者組》
堀口元気
●横須賀ススム
Kzy
vs
《挑戦者組》
ラ・エストレージャ
ドラゴン・ダイヤ○
ジェイソン・リー
13 分 17 秒 レプテリアン
※MASQUERADE が第 72 代王者組に

【第7試合:60 分 1 本勝負】★オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
○《王者》シュン・スカイウォーカー
vs
《挑戦者》HipHop 菊田●
4 分 33 秒 TKO
※菊田が試合中に右肩を負傷し、セコンドがタオルを投入
※王者が 4 度目の防衛に成功

【第8試合:時間無制限】★マスカラ・コントラ・カベジェラ 金網サバイバル・タッグマッチ
KAI SB
YAMATO
vs
KENTo
ドラゴン・キッド
15 分 6 秒 旗 2 本奪取により YAMATO&KAI 組の勝ち
※エスケープ順 ①KAI→②ドラゴン・キッド→③YAMATO
★ルールにより、敗者チーム選手同士によるシングルマッチ(時間無制限)
○ドラゴン・キッド(8 分 59 秒 クリスト)SB KENTo●
※敗者 SB KENTo に髪切り執行

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事