【プロレスTODAY増刊号】第2部 山下実優が6.6東京女子提供試合の見所と6.17プリンセスタッグ戦を語る

東京女子プロレスの山下実優が、6月6日さいたまスーパーアリーナで開催の『CyberFight Festival 2021』に向けてプロレスTODAY編集部に来社。第1部では坂崎ユカとのプリンセス・オブ・プリンセス選手権試合についてトーク。第2部では当日の東京女子プロレス提供試合と6月17日に後楽園ホールで行われるプリンセスタッグ戦について語った。

▼山下実優インタビュー動画第2部はコチラから視聴可能▼

 

CyberFight Festival 2021
【日時】2021年6月6日(日) 開始14:00 ※STARTING BATTLE 12:45~
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ

※大会当日の様子はWRESTLE UNIVERSEでライブ配信される。

東京女子プロレスの提供試合についてプリンセス・オブ・プリンセス王者の山下実優が見所を語った。

○第五試合 東京女子プロレス提供試合 20分一本勝負
乃蒼ヒカリ&瑞希&荒井優希 vs 伊藤麻希&上福ゆき&小橋マリカ

「荒井優希が第2戦ということになり、注目されると思います。伊藤もいますし、瑞希もいて、乃蒼ヒカリは(インターナショナルプリンセス王座の)チャンピオンですから、結構濃い(面子ですね)。荒井も一緒に練習してますけど、結構頑張らないといけないかなと…」

と語った山下だったが、自身のデビュー2戦目がどうだったかを問われると「ずっと緊張していて覚えてない」「何をしていたのかも覚えてない」とのこと。

そんな山下が荒井優希に関しては「SKE48としてはさいたまスーパーアリーナに東京女子プロレスの誰よりも立った経験を持っている。だから頑張って(笑)」とアドバイスを送る。伊藤麻希らと戦った荒井優希の第1戦を見て「目が凄い。闘志が凄い」と高評価。

 

○第二試合 東京女子プロレス提供3WAYタッグマッチ 15分一本勝負
辰巳リカ&渡辺未詩 vs 中島翔子&ハイパーミサヲ vs 天満のどか&愛野ユキ

「濃い!東京女子でも中堅どころを中心として、上の方の人が入った3WAYタッグマッチ。辰巳リカ&渡辺未詩の白昼夢は前タッグ王者だし、中島翔子&ハイパーミサヲの享楽共鳴はかき乱すし、天満のどか&愛野ユキの爆れつシスターズは姉妹の絆とパワーで戦う。特にユキは坂崎との後楽園タイトルマッチを経て貫録が出たな」と注目ポイントを語った。

「想像がつかない。あとハイパーミサヲがさいたまスーパーアリーナでどう暴れるかも楽しみ」とこの試合は面白いとしめくくった。

○STARTING BATTLE KICKOFF 東京女子プロレス提供10人タッグマッチ~鳥喰かやデビュー戦 15分一本勝負
角田奈穂&らく&原宿ぽむ&桐生真弥&鳥喰かや vs 舞海魅星&鈴芽&猫はるな&宮本もか&遠藤有栖

「鳥喰(とりばみ)かやがデビューします。練習しているところをみて“凄くよく動ける子だな”という印象」とそのポテンシャルの高さを語り「ここからは秘密で(笑) さいたまスーパーアリーナで…」と期待感をあおった。ビッグマッチでデビューする鳥喰かやの動きに注目だ。

6.6のサイバーファイトフェスが終わると次の戦いとして6.17後楽園ホールでプリンセスタッグへの挑戦が迫ってくる。

Additional attack
【日時】2021年6月17日(木) 開始19:00 
【会場】東京・後楽園ホール

○プリンセスタッグ選手権試合
<王者組>沙希様&メイ・サン=ミッシェル vs 山下実優&伊藤麻希<挑戦者組>
※第8代王者組の2度目の防衛戦

「今年、美威獅鬼軍と(伊藤麻希との)121000000(ワン・トゥー・ミリオン)は短スパンで、凄い試合してるんですよ。結果としては1勝1敗で。個人的にはトーナメントで沙希様にやられているのでそこのお返しをしたいのと、121000000でタッグのベルトを獲りたい。この気持ちは凄い強いですね」とタッグベルト戦に向けて熱い気持ちを語った。

121000000での伊藤麻希との普段の仲について聞かれると「試合のことしか話さない。プロレスの話しかしない。プライベートの話は互いに聞かないし、興味がない(笑)」といいつつも「試合の中で会話をしている。暗黙で声をかけずとも連携をとることはできないので(普段話さないから)会話の中で戦う様になってようやく連携がとれる確率があがってきた」とタッグでの手応えを話した。

「6.6さいたまスーパーアリーナを勝って、6.17後楽園ホールも勝って勢いにのりたい」と語る山下だったが2冠を目指しつつも「東京女子で大きい会場でやっていきたいですし、後楽園も今年増えましたし、先で両国国技館という目標に突き進んでいけたら…」と東京女子の未来をその目は見据えている。

6.6さいたまスーパーアリーナには「私たちを見つけに来てください」と熱いメッセージ。

アフターコロナの世界進出に対する自信を聞かれると「コロナがあって配信に力を入れているんですけど、英語・ENGLISHに力を入れた配信をしています。アフターコロナですぐにでもアメリカや世界に東京女子を届けようという準備は進めているので、しっかり世界を見据えて東京女子全員で上に上にと行きたいと思います」と世界を見据えて頑張っていく。

CyberFight Festival 2021

トリプルメインイベントⅠ~プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合

<王者>山下実優 vs 坂崎ユカ<挑戦者>

※第9代王者は初防衛戦。

トリプルメインを飾るタイトル戦6.6さいたまスーパーアリーナでの挑戦者・坂崎ユカとのプリンセス・オブ・プリンセス選手権試合は必見である。是非、会場やWRESTLE UNIVERSEでご覧いただきたい。

 

<インタビュアー:プロレスTODAY総監督 山口義徳>

▼インタビュー第1部は下記より確認可能

【プロレスTODAY増刊号】東京女子・山下実優「6.6は特別な大会!坂崎ユカと東京女子の歴史とこれからをみせる」と決意を語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事