【ノア】武藤敬司がムーンサルトプレスを解禁するも丸藤が虎王・零でGHCヘビーを5年半ぶり戴冠!6.6 CyberFight Festival 2021

6日、CyberFightグループに所属する4団体(プロレスリング・ノア、DDTプロレスリング、東京女子プロレス、ガンバレプロレス)がさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて『CyberFight Festival 2021』を開催した。

トリプルメインイベントⅢで王者・武藤敬司 vs 挑戦者・丸藤正道によるGHCヘビー級選手権試合が行われた。武藤敬司は両ひざに人工関節を入れる際の条件としてムーンサルトプレスの封印していたが、この試合でまさかの解禁。騒然とする場内の熱狂をよそにこの捨て身のアタックをキックアウトした丸藤が一気呵成のラッシュをしかけ、最後は虎王・零を決めて勝利。GHCヘビー級のベルトを5年半ぶりに奪還した。

CyberFight Festival 2021
【日時】2021年6月6日
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ
【観衆】4800人(超満員)

試合経過は下記の通り

M’s allianceの仲間として正々堂々と戦いあわんと試合前に握手を交わす両者

武藤はSTFで丸藤を苦しめる

足4の字固めで丸藤を追い込む武藤。かなり長い時間足4の字をかけられた丸藤も気合いでロープにエスケープ

武藤はスワンダイブに行こうとした丸藤をロープを揺らしくぎ付けにするとロープまたぎ状態からドラゴンスクリュー

丸藤は不知火を武藤にみまう

勝負所とばかりに武藤はシャイニングウィザード3連発からエメラルドフロウジョン

まさかのムーンサルトプレスの敢行。両ひざに人工関節を入れる際に完全封印を約束していたのだが…

まさかの禁断の一撃に場内は歓声NGにも関わらずこの日一番の歓声が上がった。

しかし諸刃の剣でもあるムーンサルトプレスの敢行は武藤のひざに大きなダメージを残してしまう

武藤がひざにダメージを抱えるその隙に丸藤は一気呵成のラッシュをしかける

打撃ラッシュからの虎王

最後は虎王・零を決めて見せ武藤はスリーカウントに沈められた。

▼トリプルメインイベントⅢ GHCヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>●武藤敬司 vs 丸藤正道○<挑戦者>
23分30秒 体固め
※虎王・零。武藤が3度目の防衛に失敗、丸藤が第35代王者となる。

試合後もM’s allianceのマークを描き絆を確かめ合った2人

負けてなお強い印象を残した武藤に丸藤は最大限のリスペクトを示した。

<バックステージ>

――武藤選手との戦いを振り返って

丸藤 8割9割、押されてたと思うし、もうお互いシンプルな技しかない中での、本当に隙を作らないように。その中で一つの分岐点はあの人が勝利を見出してのムーンサルト。あれがなかったら負けてたと思います。

――丸藤選手が勝利を引き寄せられた一番の要因はどこにあると思うか

丸藤 いや、引き寄せた要因というか、やっぱり諦めないこと。最後あのラッシュにかけてたんで。蹴りとヒザのね。あれを返されてたらもうダメだったと思うし。でもやっぱり諦めないことが今この世の中でどんな人にも通じる言葉なんじゃないですか。

――久しぶりにGHCのベルトが手元に戻ってきたが

丸藤 何年ぶりですか?俺がGHCを持ったの。そして新しくなってからは、初めましてなので、これからしっかり愛着を沸かして付き合っていきたいと思います。せっかく獲ったんでね。しかもこんな素晴らしい大会のメインイベントで武藤敬司から獲ったんで。次、誰とやるかわからないけど、コロっと負けないように、諦めないで、これをしっかり防衛して。やっとノアができてから「丸藤正道ここにあり」っていうのをみせられるんじゃないですか。やっとですよ。

――さいたまスーパーアリーナという舞台で戦ったことについて感じるものはあったか

丸藤 正直どんな会場、どんな大会であってもやっぱりこのGHCというタイトルマッチな上に、相手が武藤敬司とあれば、さいたまスーパーアリーナ云々ということを気にしていられないのが正直なところだけど、やっぱりでかいところでこういうふうにできたのは非常に嬉しいし、今日はたくさんの選手もいたし、ファンの人もいたし、マスコミの人もいたし、ノアが改めて先頭を切っていけるように。DDTさん、ガンプロさん、東京女子さん、ホント今日素晴らしい選手ばっかりだったんで、非常に刺激を受けましたし、ウチの若い選手もうかうかしていられないと思ったんで。また切磋琢磨して、みんなが集まった時、必ず俺たちが、サイバーグループがこの業界のナンバー1を獲れることを確信しました。

※武藤はノーコメント

 

なお本大会はWRESTLE UNIVERSEでライブ配信された。アーカイブもUNIVERSEで視聴可能だ。

CyberFightFestival2021の各試合結果は下記の通り

▼STARTING BATTLE KICKOFF 東京女子プロレス提供10人タッグマッチ~鳥喰かやデビュー戦 15分一本勝負
角田奈穂&らく&原宿ぽむ&●桐生真弥&鳥喰かや vs 舞海魅星○&鈴芽&猫はるな&宮本もか&遠藤有栖
12分29秒 片エビ固め
※ラリアット

▼STARTING BATTLE 時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負 
○アントーニオ本多<12> vs 井上雅央●<5>
22分31秒 横入り式エビ固め
※< >内は入場順。
【退場順】
①○火野裕士<11> vs まなせゆうな●<10>
11分11秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○みんな vs 大石真翔●<2>/岡田佑介●<8>
11分31秒 体固め
※押さえ込む。
③○谷口周平<5> vs 桜井鷲●<9>
12分57秒 片エビ固め
※ファンキー・プレス
④○火野裕士 vs 高鹿佑也●<3>
13分6秒 体固め
※ダイビング・ボディープレス
⑤○井上雅央 vs 谷津嘉章●<1>
14分4秒 横入り式エビ固め
⑥○齋藤彰俊<5> vs 平田一喜●<4>
16分31秒 片エビ固め
※スイクルデス
⑦○モハメドヨネ<5>/○大鷲透<7> vs 火野裕士●/谷口周平●
17分11秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑧○井上雅央 vs 齋藤彰俊●
18分51秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑨○モハメドヨネ vs 赤井沙希●<6>
19分27秒 体固め
※キン肉バスター
⑩○大鷲透<7> vs モハメドヨネ●
19分3秒 十字架固め
⑪○アントーニオ本多/○井上雅央 vs 大鷲透●
19分4秒 エビ固め
※十字架固めをひっくり返す。

▼STARTING BATTLE MAIN ガンバレ☆プロレス提供試合 15分一本勝負
大家健&石井慧介&●翔太 vs 勝村周一朗&岩崎孝樹○&今成夢人
8分43秒 片エビ固め
※垂直落下式リバースDDT

▼オープニングマッチ DDTvsNOAH対抗戦 15分一本勝負
飯野雄貴&●小嶋斗偉 vs 宮脇純太○&岡田欣也
7分39秒 変形腕ひしぎ逆十字固め

▼第二試合 東京女子プロレス提供3WAYタッグマッチ 15分一本勝負
辰巳リカ&渡辺未詩 vs ○中島翔子&ハイパーミサヲ vs 天満のどか&愛野ユキ●
8分4秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン

▼第三試合 DDTvsNOAH対抗戦 20分一本勝負
男色ディーノ&●スーパー・ササダンゴ・マシン vs 杉浦貴○&桜庭和志
9分25秒 体固め
※オリンピック予選スラム

▼第四試合 DDTvsNOAH対抗戦 20分一本勝負
●岡谷英樹 vs マサ北宮○
2分25秒 監獄固め

▼第五試合 東京女子プロレス提供試合 20分一本勝負
乃蒼ヒカリ&瑞希&●荒井優希 vs 伊藤麻希○&上福ゆき&小橋マリカ
13分2秒 伊藤パニッシュ

▼第六試合 NOAH提供試合 30分一本勝負
小峠篤司&○原田大輔&大原はじめ vs 小川良成&HAYATA&吉岡世起●
13分33秒 片山ジャーマン・スープレックス・ホールド

▼第七試合 DDT提供試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&勝俣瞬馬&●MAO vs 佐々木大輔○&遠藤哲哉&高尾蒼馬withマッド・ポーリー
14分36秒 クロスオーバー・フェースロック

▼第八試合 DDTvs金剛全面対抗12人タッグマッチ 30分一本勝負
○高木三四郎&彰人&樋口和貞&坂口征夫&吉村直巳&納谷幸男 vs 拳王&中嶋勝彦&征矢学&覇王●&仁王&タダスケ
19分59秒 エビ固め
※シットダウンひまわりボム

▼第九試合 DDTvsNOAH対抗戦 30分一本勝負
竹下幸之介&○上野勇希 vs 清宮海斗●&稲村愛輝
17分51秒 片エビ固め
※BME

▼トリプルメインイベントⅠ プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 坂崎ユカ●<挑戦者>
16分36秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート。第9代王者が初防衛に成功。

▼トリプルメインイベントⅡ KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○秋山準 vs HARASHIMA●<挑戦者>
18分53秒 TKO勝ち
※フロント・ネックロック→レフェリーストップ。第76代王者が3度目の防衛に成功。

▼トリプルメインイベントⅢ GHCヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>●武藤敬司 vs 丸藤正道○<挑戦者>
23分30秒 体固め
※虎王・零。武藤が3度目の防衛に失敗、丸藤が第35代王者となる。

(写真提供:CyberFight)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事