【DDT】6・20後楽園で岡田佑介とスペシャルシングルマッチで対戦する“超大物X”は男色ディーノ!立会人の“ビッグダディ”林下清志氏はキスで失神

 DDTプロレスが6月8日、東京・千代田区の神田明神内で記者会見を開き、同20日の東京・後楽園ホールで岡田佑介とスペシャルシングルマッチを闘う“超大物X”が男色ディーノに決定したと発表。この試合の特別立会人を務める“ビッグダディ”こと林下清志氏が、ディーノのリップロックで失神する波乱が起きた。

 この一戦は、岡田と親交がある林下氏が店長を務める「ステーキ食いやがれ」presentsとして行われ、会見で“超大物X”が明かされる運びになっていた。

 登壇した岡田は「Xが誰なのか、今現在聞かされていません。『KING OF DDT』が行われるなか、スペシャルシングルマッチを組んでいただいて感謝します。日頃お世話になってるビッグダディに来ていただいた」と殊勝にコメント。

 林下氏は「岡田選手とプライベートで仲良くさせてもらってて、プロレス大好きなので、声かけていただいて、絡ませていただいて光栄至極です。超大物は誰なの? 予想する楽しみがある。今日ここで分かる? 岡田選手推しなんですけど、Xによっては、岡田推しで見れるかどうか・・・」と高まる胸の内を明かした。

 ここで今林久弥GMのナビゲートで登場したのは、なんと男色ディーノで、「岡田佑介DDTプロレス所属記念!お戯れシリーズ第三章」として行われることがアナウンスされた。

岡田は「誰なんだろう?って、眠れず考えた。ようやくDDTの一員として、認められる日が来た。DDTで闘っていく上で、避けて通れない相手。まさかと思いましたけど光栄です」と話した。

 これに対して、13年9月に青森で開催されたロック・フェスティバル「夏の魔物」で、ディーノと対戦したことがある林下氏は「超大物って・・・。ディーノは前ふりで誰かが出てくるのかと思った。小者感がある。カレーで言えば、福神漬け」とボロクソに発言し、ディーノと口論に発展。

 今林GMがなんとか収めて、フォトセッションに移ると、やおらディーノが林下氏の唇を奪ってしまい、林下氏はしばし失神。

 まさかの事態に、岡田は「こういうやり方とは・・・。オマエをボコボコにいてこましてやる! ビッグディ、立会人として見届けて!」とディーノに吐き捨てていた。

【大会名】BLACK OUT presents KING OF DDT 2021 2nd ROUND
【日時】2021年6月20日(日) 開場10:30 開始11:30
【会場】東京・後楽園ホール

ステーキ食いやがれpresents岡田佑介DDTプロレス所属記念!お戯れシリーズ第三章
男色ディーノ vs 岡田佑介
※特別立会人=林下清志

〈写真提供:DDTプロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事