【全日本】NEXTREAM宮原&青柳が強敵ツインタワーズ石川&耕平を撃破し世界タッグ3度目の防衛に成功!

全日本プロレスは9日、東京・後楽園ホールにて『2021 DYNAMITE SERIES』を開催した。

メインでは世界タッグ選手権試合が行われ、王者組NEXTREAMの宮原健斗&青柳優馬に石川修司&佐藤耕平のツインタワーズが挑戦。

大日本プロレスでは幾度となくタッグを組んできた歴戦のツインタワーズが、NEXTREAMに挑戦するとあって、序盤から挑戦者組がパワーと打撃でペースを掴んだ。

ツインタワーズの大攻勢を受け瀕死の青柳であったが、石川がジャイアントスラムの体勢に入った一瞬のスキをつきフロントネックロックに切り返し、そこからエンドゲームでギブアップを奪い、見事3度目の防衛に成功した。

『2021 DYNAMITE SERIES』
日程:2021年6月9日(水)
開始:18:30
会場:東京・後楽園ホール
観衆:475人

▼第7試合  メインイベント 
世界タッグ選手権試合
【第88代王者組】
宮原健斗
青柳優馬〇
vs
【挑戦者組】
石川修司×
佐藤耕平
(23分43秒 エンドゲーム)
※宮原健斗&青柳優馬が3度目の防衛に成功

 

試合後、土肥こうじ&羆嵐が登場し防衛を果たした王者組に6.26大田区大会での次期挑戦を強烈なアピールを行った。

<写真提供:伊東ミチタカ氏>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事