【WWE】“女帝”アスカがタッグ戦でまさかのピンフォール負け

日本時間6月29日、フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

◆“女帝”アスカがタッグ戦でまさかのピンフォール負け

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“女帝”アスカ&ナオミが先週に続いてエヴァ・マリー&ドゥドロップと再戦すると、アスカがドゥドロップの強烈なクロスバディでまさかのピンフォール負けとなった。

先週のタッグ戦に勝利してMITBラダー戦出場権を獲得しているアスカはミサイルキックやヒップアタックで攻め込むとドゥドロップもその巨体でスプラッシュを放って反撃。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにアスカがアスカロックで追い詰めるとドゥドロップは堪らず交代しようとしたが、これをエヴァが拒否してしまう。

その隙にアスカがドゥドロップの背後から丸め込んでフォールをねらったが、最後は孤立奮闘したドゥドロップのクロスバディに沈んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカがタッグ戦でまさかのピンフォール負けとなるとエヴァは「勝者はエヴァ・マリー」と自身でアナウンスしてドゥドロップの手柄を横取りした。

アスカが出場する女子MITBラダー戦が行われるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間7月19日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事