【WWE】挑戦者エッジがジミーを鉄パイプ・クロスフェイスで沈めて王者レインズを挑発

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間7月3日、フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

次期ユニバーサル王座挑戦者エッジがPPV「マネー・イン・ザ・バンク」で対戦する王者ローマン・レインズの“右腕”ジミー・ウーソをPPV「レッスルマニア37」を彷彿とさせる鉄パイプ・クロスフェイスで沈めてレインズを挑発した。

オープニングに登場したエッジは今年4月に行われたPPV「レッスルマニア37」のユニバーサル王座トリプルスレット戦に触れながら「今度は1対1だ!俺はレインズを倒してユニバーサル王者になる」と王座奪取を宣言した。

するとエンディングではこの発言に激怒したジミーが「どこだ?俺1人でエッジを相手してやる!」とエッジを呼び出すと姿を現したエッジは「わからないのか?レインズはお前を利用しているだけだぞ」と忠告して2人は乱闘に発展。

エッジがポストにジミーを叩きつければ、ジミーもスーパーキックから鉄製ステップにエッジを叩きつけて暴行を加えたが、エッジがチンロックやスピアーでジミーを痛めつけると最後はPPV「レッスルマニア37」を彷彿とさせる鉄パイプを使ったクロスフェイスでジミーに止めを刺し、「俺は止まらないぞ」と雄叫びを上げてレインズを挑発した。

王者レインズ vs. エッジのユニバーサル王座戦が行われるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間7月19日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事