【DDT】竹下幸之介「KING OF DDT」2年ぶりに制覇しKO-D無差別級王座挑戦へ「堂々と胸を張って自信をもって秋山準の前に立ちたい」

 DDTプロレスが7月4日、東京・後楽園ホールで「BLACK OUT presents KING OF DDT 2021 FINAL!!」を開催。DDT最強決定トーナメント「KING OF DDT 2021」決勝で竹下幸之介が火野裕士を破り、2年ぶり2度目の優勝を果たし、8月21日に富士通スタジアム川崎で行われるビッグマッチで、KO-D無差別級王者・秋山準に挑戦することが濃厚になった。

 この日、まず竹下は準決勝で佐々木大輔の急所攻撃を耐えて変型チキンウイング・フェースロックでギブアップ勝ち。もう一方のブロックでは、火野が樋口和貞とのパワー対決を、Fuckin’BOMBで仕留めて決勝に進出した。

 火野のパワーに負けなかった竹下は火野の投げ捨てジャーマンを食らうも、ザーヒー(ヒザ蹴り)連発で流れを変えた。

逆襲のジャーマンを見舞うもカウントは2。火野はパワーボムで反撃するも、竹下はエルボー、ランニング・ラリアットをたたき込んだ。

火野もラリアットを返そうとするも、阻止した竹下はクロスアーム式ジャーマンを決めて3カウントを奪取した。

メインイベント KING OF DDT 2021決勝戦 時間無制限一本勝負
●火野裕士 vs 竹下幸之介○
18分9秒 クロスアーム式ジャーマン・スープレックス・ホールド
※竹下が2年ぶり2度目の優勝。

 竹下は「この『KING OF DDT 2021』、決勝はもちろん、全4試合の公式戦を自分が満足いく試合で、こうして“怪物”火野選手を倒して優勝することができました。もう何も臆することはありません。堂々と胸を張って、自信をもって秋山準の前に立ちたいと思います。しばらくKO-D無差別戦線からは遠ざかっていましたけど、久しぶりにDDTの頂点を狙っていきたいと思います。再び無差別のベルトを巻くのを楽しみにしてください!」とマイク。

 バックステージで、竹下は「しっかりこの1年、2年で僕がベルトに絡まない期間というのは何か全然ムダじゃなかった。特にこの半年、今年に入ってから自分が意識してきた。やっぱり団体のエースとして、プロレス界の未来として、懐が深く大きく、闘いたいなと。スケールの大きいプロレスラーになりたいなという、そういう心構え、気持ちで今回はトーナメントのリングに立ったので。それが自分のなかでできたうえで優勝したんで、非常に満足のいく結果です」と会心の笑顔を見せた。

 死闘を繰り広げた火野戦については、「火野さんと決勝になって、勝てるか負けるか、そのときなりの勝負なので、分かんないなと思ったのが、闘っていくうえで自分のなかで高まっていくものもあったし、絶対負けてたまるかって。何べんラリアットをやっても火野さんが倒れなくて、途中からは試合に勝つどうこうよりも、まずラリアットでコイツを倒してやろうという、そんな一試合のなかに何度も勝負する瞬間がありました。その勝負に勝っていったうえで、最後の3カウントにつながったかなと思います」と振り返った。

 そして、「優勝したからタイトル挑戦ができるって、正式に決まっているわけじゃないと思いますけど、文句なしだと思うので。火野さんに勝ってるし。8・21富士通スタジアム川崎、僕がメインイベントに立ちますよ」とキッパリ。

 竹下は昨年11月3日の東京・大田区総合体育館、同12月27日の後楽園(D王優勝決定戦)で秋山に2連敗を喫しているが、「KING OF DDT」トーナメントで文句なしの実績を残して、8・21川崎で秋山とのリベンジ戦に臨むことが濃厚になったといえそうだ。

 一方、準優勝に終わった火野は「負けたね。ガッツリ3カウント取られちゃったね。竹下君、あの子がジャーマンを出した時点でコイツは終わったと思ったけど、技を隠し持ってたね。おもしろいやんけ。これからもDDTに上がり続けたいと思える相手がまた一人見つかった感じや。竹下君、またどこかでシングルマッチしよう。そのときは、ワシもまだ出してない技があるからな。それでキッチリ決めさせてもらうよ」とコメント。

 また、今年の「D王 GRAND PRIX」が11月3日、大田区で開幕することが決定。8・21川崎での勝俣瞬馬、MAO組VS葛西純、クリス・ブルックス組が決まった。さらに、8月15日の後楽園で、現在WOWOWで放送、配信中のとんねるず・木梨憲武の番組「木に梨はなる ~頭の中の大宇宙~」プロデュースマッチの開催が決まり、同大会に木梨とカンニング竹山が来場する。

BLACK OUT presents KING OF DDT 2021 FINAL!!
【日時】2021年7月4日
【会場】東京・後楽園ホール
【席種】621人(超満員)

オープニングマッチ KO-D8人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>高木三四郎&●納谷幸男&力&なべやかん vs 谷津嘉章○&彰人&大和ヒロシ&中村圭吾<挑戦者組>
12分6秒 監獄固め
※チーム・サラブレッドが2度目の防衛に失敗、チーム・オリンピアンが第5代王者組となる。

第二試合 KING OF DDT 2021準決勝 時間無制限一本勝負
○竹下幸之介 vs 佐々木大輔●
16分58秒 変形チキンウイング・フェースロック

第三試合 KING OF DDT 2021準決勝 時間無制限一本勝負
●樋口和貞 vs 火野裕士○ 
12分36秒 体固め
※Fuckin’BOMB

第四試合 4WAYタッグマッチ 30分一本勝負
○坂口征夫&赤井沙希 vs 男色ディーノ&飯野雄貴 vs 岡田佑介&高鹿佑也● vs クリス・ブルックス&アントーニオ本多
9分24秒 漢固め
※男色ドライバー

第五試合 DAMNATIONvsDISASTER BOX! 30分一本勝負
遠藤哲哉&高尾蒼馬&マッド・ポーリー&●島谷常寛 vs HARASHIMA&大鷲透&吉村直巳&平田一喜○
11分51秒 奇跡を呼ぶ一発逆転首固め

セミファイナル 準烈vsThe 37KAMIINA! 30分一本勝負
秋山準&大石真翔&○岡谷英樹 vs 上野勇希&勝俣瞬馬&MAO●
11分5秒 片エビ固め
※キャノンボール450°

メインイベント KING OF DDT 2021決勝戦 時間無制限一本勝負
●火野裕士 vs 竹下幸之介○
18分9秒 クロスアーム式ジャーマン・スープレックス・ホールド
※竹下が2年ぶり2度目の優勝。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事