【九州プロレス】7.5 設立13周年記念大会 「MONDAY NIGHT VAI! #4」千葉の真霜拳號が九州王者に!めんたい&アレハンドロがタッグ王座奪還

2021年7月5日(月)

九州プロレス設立13周年記念大会

「MONDAY NIGHT VAI! #4」

福岡・西鉄ホール 観衆185名(コロナ規制座席数)

第1試合 タッグマッチ 20分1本勝負

◯桜島なおき & 野崎広大(10分05秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)

アルティメット・スパイダーJr & タコヤキーダー×

オープニングはシークレットカード。

桜島&野崎の九州正規軍タッグの相手は、

桜島の大阪時代の先輩・九州初登場のタコスパタッグと再会マッチ!

前回・大阪とのお笑いマッチに納得していなかった野崎は、

相手の土俵に上がらず、タコスパとガンガンぶつかり合う。

ラストは桜島得意のドロップキックからジャーマンスープレックスで

タコヤキーダーから3カウントを奪い先輩超えを果たした。

第2試合 シングルマッチ 20分1本勝負 

×ばってん×ぶらぶら(00分08秒 片エビ固め)筑前りょう太〇

          ※まっすぐとぶばい!

これまでサスケ、デルフィンというレジェンドと闘ってきたばってん。

今回は誰だ?と相手を呼び込むが、誰も出てこない。

仕方なく13周年を記念してギャグ13連発を披露し始めたところ、

九州の象徴・筑前のテーマがヒット!

1年ぶりの登場となる筑前が、コールも待たず猛ラッシュをかけ、

わずか8秒。まっすぐとぶばい!で秒殺した。

第3試合 UWFルール特別試合 30分1本勝負

◯佐々木日田丸(09分13秒 逆片エビ固め)グルクンマスク×

 ロストポイント-4 ロストポイント-4

(エスケープ3/ダウン1)       (エスケープ4/ダウン0)

UWFスタイルを九州で進化させたいという日田丸の提唱に

琉球ドラゴンプロレスのグルクンマスクが呼応。

14年ぶりの一騎討ち、九州vs沖縄のUルール対決が実現。

グランドベースの闘いは、互いにロストポイント-4という接戦。

地域の誇りを賭けたUルールの闘いは、Uをやっていた男・佐々木日田丸に凱歌があがった。

第4試合 九州プロレスタッグ選手権試合 60分1本勝負

〈第8代王者組〉×堀口元気 & 横須賀ススム

     (17分02秒 片エビ固め)

    めんたい☆キッド◯ & アレハンドロ〈挑戦者組〉

※めんたい☆スプラッシュ

ドラゴンゲートにタッグ王座が流出してちょうど一年。

めんたいが復帰したら挑戦を!という約束を果たす一戦。

夢であった、かつての先輩とのタイトルマッチに気合い十分。

試合は、堀口&横須賀の非情な脚攻めを耐えためんたいが、

得意技・めんたい☆スプラッシュで堀口から念願の3カウント!

めんたい&アレハンドロが一年越しの王座奪還!第9代王者組となる。

第5試合 九州プロレス選手権試合 60分1本勝負

〈第8代王者〉玄海 vs 真霜拳號 〈挑戦者〉vs GAINA〈挑戦者〉

×玄海(18分28秒 体固め)真霜拳號◯

   ※垂直落下式ブレーンバスター

玄海に弓を引いた真霜と、GAINAに喧嘩を売った玄海。

全員まとめて終わらせると、

九州vs千葉vs東北の地域の誇りを賭けた3WAYのタイトルマッチが実現!

試合はどのぶつかり合いもド迫力の肉弾戦!

ラストは、GAINAが玄海へラストライド、真霜がGAINAへ真剣!

さらに玄海へ超滞空時間の長い垂直落下式ブレーンバスターで

玄海から3カウント!

九州王座が千葉へ流出!真霜拳號が第9代王者となる。

 

【九州プロレス】マンデーナイト・バイ ! #2 デルフィン率いる大阪と九州の対抗戦勃発!めんたい☆キッドが141日ぶりの復帰戦で勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事