【AEW】7.14 ダイナマイト IWGP USヘビー王者モクスリーがアンダーソンを退け防衛!坂崎ユカ勝利!FYTER FEST NIGHT1

現地時間14日(日本時間7月15日)米国にてAEW DYNAMITEの放送『FYTER FEST NIGHT1』が行われた。

IWGP USヘビー級王座戦は王者・モクスリーが挑戦者のカール・アンダーソンをパラダイムシフトで退け防衛。

次期挑戦者にランス・アーチャーが名乗りを上げるなど新日本プロレス出身レスラーによる挑戦が続く形となった。

FTW王座戦は仲間の援護を受けたリッキー・スタークスがブライアン・ケイジに勝利。王座を獲得した。

ハングマン・ペイジがケニー・オメガのAEW世界王座に挑戦表明。

日本からAEWに参戦してきた坂崎ユカはペネロペ・フォードに魔法少女スプラッシュで勝利。

メインのコフィンマッチではダービー・アリンがイーサン・ペイジを棺桶葬で勝利。ダメ押しのコフィンドロップを棺桶上に敢行し番組を締めた。

各試合結果は下記の通り

第1試合 IWGP USヘビー級王座戦
【王者】〇ジョン・モクスリー vs カール・アンダーソン✖【挑戦者】

※パラダイムシフト

※前回の永田裕志戦に続くAEWダイナマイトでのIWGP USヘビー戦。カール・アンダーソンがモクスリーの王座に挑むも、パラダイムシフトで勝利したのは王者モクスリー。

※試合後、ランス・アーチャーがVTRでテキサスデスマッチによるIWGP USヘビー級王座戦を要求した。

 

第2試合 FTW王座戦
【王者】✖ブライアン・ケイジ vs リッキー・スタークス〇【挑戦者】

※スピアー

※フックがレフェリーを引き付けてパワーハウス・ホッブスがベルト攻撃。すぐさまリッキー・スタークスがスピアーで勝利。リッキー・スタークスがFTW王座を獲得した。

 

◆コーディ・ローデスとマラカイ・ブラック◆

※コーディが先週襲撃を受けたマラカイ・ブラックを呼び込む。会場が暗転、リング上にマラカイ・ブラックが登場しコーディと乱闘になる。

 

◆ハングマン・ペイジとケニー・オメガ◆

※ハングマン・ペイジがAEW世界王者のケニー・オメガに挑戦表明。背後から現れたケニーがベルト攻撃を狙うもダークオーダーがこれを阻止。ケニーはジ・エリート対ダークオーダーの5対5エリミネーションマッチを求め、ペイジは勝利したらAEW世界王座に、ダークオーダーはタッグ王座に挑戦させろと応え、エリミネーションマッチが決定した。

 

第3試合 シングルマッチ
〇クリスチャン・ケイジ vs マット・ハーディ✖

※キルスイッチ

 

第4試合 シングルマッチ

〇サミー・ゲバラ vs ウィーラー・ユウタ✖

※GTH

 

第5試合 シングルマッチ
〇坂崎ユカ vs ペネロペ・フォード✖

※マジカル魔法少女スプラッシュ

 

第6試合 コフィン(棺桶)マッチ
〇ダービー・アリン vs イーサン・ペイジ✖

※目への噛みつき⇒トップロープからスケボーに乗りイーサンの背中に落下⇒棺桶に叩きこむ

※試合後に決着はついているのにダメ押しのコフィンドロップを棺桶上に敢行するダービー・アリン。棺桶の横で朦朧とするダービー・アリンの姿を映しながらファイターフェストNIGHT1の放送は終了。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事