【WWE】“ボス”サーシャ・バンクスが調印式で王者ビアンカ・ブレアをバンクステートメント葬

日本時間8月14日、オクラホマ州タルサのBOK・センターで行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

◆“ボス”サーシャ・バンクスが調印式で王者ビアンカ・ブレアをバンクステートメント葬

“ボス”こと挑戦者サーシャ・バンクスがPPV「サマースラム」で行われるスマックダウン女子王座戦の調印式で王者ビアンカ・ブレアをバンクステートメントで痛めつけた。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEオフィシャルのソーニャ・デビルの呼び込みでサーシャとビアンカが調印式に登場するとビアンカは「準備できているの?また逃げたり、背後からバックスタバーを決めるのかしら」とサーシャを皮肉って2人は舌戦を展開。

ソーニャがサインするように促すとサーシャは「サインの前に証人が必要よ」と現れたカーメラとゼリーナ・ベガを従えて調印書にサインした。

一方、3対1の数的不利なビアンカはサインした調印書をサーシャに投げつけると3人相手に攻撃を仕掛けたが、サーシャがバックスタバーでビアンカを返り討ち。

さらにサーシャはテーブル上の攻撃でビアンカを沈めるとビアンカの髪を使ったバンクステートメントを決めて「サマースラムで会いましょう」と嘲笑った。

王者ビアンカ vs. サーシャのスマックダウン女子王座戦が行われるPPV「サマースラム」は日本時間8月22日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加