【東京女子】中島翔子が渡辺未詩を退け「東京プリンセスカップ」決勝に進出「史上最強の中島翔子なんで絶対に優勝します」

 東京女子プロレスが8月14日、東京・後楽園ホール大会を開催。「Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ」準決勝で中島翔子が、「アップアップガールズ(プロレス)」の渡辺未詩を退けて、同15日(同所)に行われる決勝戦への進出を決め、6年ぶりの優勝を誓った。

 初のベスト4進出となった渡辺は持ち前のパワーを駆使し、ショルダータックル、カナディアンバックブリーカー、オクラホマスタンピートなどで攻め立て、ベアハッグから開花式ジャイアントスイングで振り回した。

それに耐えた中島は必殺のノーザンライト・スープレックスで投げると、そのままロコモーション式にもう1度ノーザンを決めて3カウントを奪取した。

 中島は「5度目の決勝進出になります。後輩が割と自分の真後ろまで来ているのがすごい怖かった。でも勝てたのでメチャクチャ、ホッとしてます。こんなきつい試合で勝ったんだから今年は絶対に優勝したいなって思います。今、中島翔子史上、最強の中島翔子なんです。だから絶対に優勝します!」と優勝を誓った。

 決勝の対戦相手は伊藤になるが、「カリスマ性のある人、苦手です。人としても、レスラーとしてもセンスがあり過ぎる伊藤麻希に苦手意識あるんですけど、それ以上に今の自分は天才なので大丈夫です。勝ちます」と自信をみなぎらせていた。

 準決勝で散った渡辺は「今年はベスト4まで行きたいって目標を決めていたので、それは達成できたんですけど。ベスト4までくると、やっぱ決勝行きたかったな、勝ちたかったなって思いがすごいこみ上げてきて。また来年の夏はベスト4以上、優勝を目指していけるように成長していけたらなって思ってます」と来年を見据えていた。

Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ
【日時】2021年8月14日(土)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】437人

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
愛野ユキ&●桐生真弥 vs 角田奈穂○&鳥喰かや
10分3秒 体固め
※紫電改

▼第二試合 20分一本勝負
舞海魅星&●宮本もか vs 鈴芽○&遠藤有栖
13分21秒 片エビ固め
※リングアベル

▼第三試合 20分一本勝負
アジャコング&らく&●猫はるな vs ハイパーミサヲ&天満のどか&上福ゆき○
11分42秒 片エビ固め
※フェイマサー

▼第四試合 スペシャル6人タッグマッチ 20分一本勝負
○沙希様&メイ・サン=ミッシェル&ユキオ・サン=ローラン vs 辰巳リカ&原宿ぽむ●&アントーニオ本多
14分21秒 ベルサイユ式フットチョーク

▼第五試合 坂崎ユカAEW凱旋試合 20分一本勝負
山下実優&●小橋マリカ vs 坂崎ユカ○&乃蒼ヒカリ
11分56秒 片エビ固め
※マジカルメリーゴーランド

▼セミファイナル Ameba presents第8回東京プリンセスカップ準決勝 時間無制限一本勝負
○中島翔子 vs 渡辺未詩●
12分27秒 ロコモーション式ノーザンライト・スープレックス・ホールド

▼メインイベント Ameba presents第8回東京プリンセスカップ準決勝 時間無制限一本勝負
●瑞希 vs 伊藤麻希○
18分39秒 伊藤デラックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加