【東京女子】伊藤麻希が「東京プリンセスカップ」を初制覇し10・9大田区で山下実優のプリプリ王座に挑戦へ「山下が自分から“大田区でやろう”って言ってくれたことがうれしい」

 

東京女子プロレスが8月15日、東京・後楽園ホール大会を開催。同団体の最強女王を決めるトーナメント「Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ」決勝戦で伊藤麻希が中島翔子を破り、涙の初制覇を飾った。伊藤は東京女子プロレス年間最大の祭典「WRESTLE PRINCESS Ⅱ」(10月9日、東京・大田区総合体育館)で、プリンセス・オブ・プリンセス王者の山下実優に挑戦することが決まった。

 1回戦シードだった伊藤は、2回戦でらく、準々決勝で鈴芽、準決勝で2連覇中だった瑞希を下して、決勝にコマを進めたが、鈴芽戦で顔面を骨折。ケガは完治しておらず、この日も強行出場となった。対する中島は14年、15年(優勝)、16年、20年に続く5度目の決勝進出で、6年ぶりの優勝を期していた。

 序盤はスタンド、グラウンドでのレスリングの攻防でスタートするも、伊藤はエプロンでDDTを見舞うと、場外でボディスラム、そしてフェンスに投げつけた。

リングに戻った中島はトペを皮切りに、619、串刺し式ドロップキック、顔面攻撃などで猛反撃。

その後は一進一退の展開となり、20分過ぎ、伊藤のフライング・ビッグヘッドを自爆させた中島はダブルアーム式DDT、ノーザンライト・スープレックスを繰り出すもカウントは2。

伊藤は逆さ押さえ込みの体勢から伊藤パニッシュへと切り替えるも、中島はエスケープ。

中島がウラカンラナから619にいこうとすると、ここで捕獲した伊藤が伊藤デラックスで絞り上げると、たまらず中島がタップして勝負が決した。

 退場しようとする中島の元に自ら歩み寄って握手を求めた伊藤は「別に不幸自慢じゃないけど、ずっと踏んだり蹴ったりの人生を歩んできたわけ。アイドルをクビになったり、小顔整形しても全然小顔にならなかったり、トーナメント中に顔面骨折するし。でもハッピーエンドって本当にあるんだなって思った。これは、中島翔子、瑞希にとってのハッピーエンドじゃないかもしれない。でもバットエンドなんかなくて、それはただの物語の途中なだけであって、ハッピーエンドって絶対存在すると思う。ハッピーエンドを今すごい実感してるから」と涙のマイク。

 ここで、「121000000(ワン・トゥー・ミリオン)」でタッグを組み、セコンドに就いていた山下がリングインすると、伊藤は「山下のこと、そんな好きじゃなかったの。でも、2021年に入って、1月4日にここでシングルマッチしたとき、何かあれから全部プロレス人生が変わったっていうか。オマエと出会って本当によかったなと思って。何かオマエに人生狂わされているんだよ、今。いい意味で。本当にいつもありがとう」と語りかけた。

 山下は「このトーナメントで伊藤のことを応援していたのは、仲間としてだけじゃなくて、優勝したオマエとやりたいことがあるから。伊藤、このベルトを懸けてシングルマッチやろうよ」と王者から逆アピール。伊藤が「当たり前だよ」と即答すると、山下は「(10・9)大田区総合体育館で決まり!」と闘いの場を指定した。

 さらに、山下は「オマエはこのベルトを懸けて闘う覚悟できてるのか? あるよな、覚悟! 一緒に闘って、オマエとシングルマッチ、何度もやってきたけど、オマエに覚悟があることぐらい私が一番分かってんだよ。でもね伊藤、世界一このベルトが似合うのは私なんだよ。絶対負けないから」と言うと、伊藤とにらみ合ってリングを降りた。

 バックステージで伊藤は「人って幸せになれると変わるんですね。ずっと報われない人生ばかり歩んできたので、人の幸せとかねたんでたんで。今はすごく晴れやかな気がします。勝つまでは苦しかったし、顔も痛かったし。でも、あきらめなくてよかった。顔面骨折して優勝したらかっこいいだろうって強がり言っちゃったけど、大事な顔だよ。今までいっぱい間違った人生歩んできたと思ってたけど、人生何一つ間違いはなかった。全部正解だった。バッドエンドなんかないって思ってる。物語の途中なだけだよ。みんな前を向いて」としみじみと語った。

 山下とのプリプリ王座戦が決まったことについては、「山下とはまたシングルしたいって思ってた。勝ったことがなかったから。でも、このトーナメント優勝して、瑞希、中島翔子を破って。過去で一番自信はある。山下が自分から“大田区でやろう”って言ってくれたことがうれしくて。山下のことを信じてよかったなって思った。山下のおかげでいろいろ救われてるところもあるから。山下とやれることが楽しみ。何も怖くない」と自信を見せた。

 次期挑戦者が伊藤に決まった山下は「瑞希、中島の強さも分かってるからこそ、伊藤の強さが改めて分かった。最高の状態でこのベルトを懸けて闘えるのが楽しみ。昨日、今日とメチャクチャ刺激もらってるんで。簡単な相手じゃないけど、チャンピオンの私が大きい舞台で堂々と勝てるように、10月まで鍛えていきたい」とコメント。

 タイトル戦まで、タッグを組むのか、対角線に立っていくのかに関して、山下は「そこの切り替えは結構できる方なので。伊藤に対して闘うって欲が高まってきてる。タッグとしてみると、もしかしたら難しいかもしれないですね」と揺れる胸中を明かした。

 一方、2年連続、決勝で敗れた中島は「耐えきれば勝ちだと思ってたので、自分が耐えられなかったのが悔しい。伊藤は私ができないことを全部できるんです。それが本当に悔しくて」と唇を噛んでいた。

Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ決勝戦
【日時】2021年8月15日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】567人

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
○山下実優 vs 宮本もか●
6分27秒 片エビ固め
※アティテュード・アジャストメント

▼第二試合 20分一本勝負
ハイパーミサヲ&●鳥喰かや vs 天満のどか&愛野ユキ○
12分22秒 片エビ固め
※ヴィーナスDDT

▼第三試合 20分一本勝負
○渡辺未詩&舞海魅星&鈴芽 vs 上福ゆき&桐生真弥&猫はるな●
13分31秒 体固め
※ティアドロップ

▼第四試合 20分一本勝負
沙希様&○メイ・サン=ミッシェル vs 乃蒼ヒカリ&遠藤有栖●
11分2秒 サン=ミッシェル

▼セミファイナル 20分一本勝負
坂崎ユカ&○瑞希&角田奈穂&原宿ぽむ vs アジャコング&辰巳リカ&小橋マリカ&らく●
15分39秒 キューティースペシャル

▼メインイベント Ameba presents第8回東京プリンセスカップ決勝戦 時間無制限一本勝負
●中島翔子 vs 伊藤麻希○
23分21秒 伊藤デラックス
※伊藤が初優勝。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加