【WWE】カイル・オライリーが3本勝負に勝利してアダム・コールとの最終決戦を制す


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

元アンディスピューテッド・エラのアダム・コールとカイル・オライリーが「NXTテイクオーバー36」の3本勝負で対戦するとオライリーが2-1でコールとの最終決戦を制した。

1本目の試合ではオライリーがフライング・ニーやアンクルロックで攻め込むとコールがスーパーキックからパナマサンライズで反撃を狙ったが、これをオライリーがそのまま丸め込んで3カウントを奪取した。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

2本目は反則裁定なしのストリートファイトで行われるとオライリーがコールのスーパーキックでコーナーから落ちて脇腹を負傷してしまう。

さらにコールが容赦なくパイプ椅子で脇腹を追撃するとオライリーもドラゴン・スクリューやギロチンで応戦したが、最後はコールがラストショットを放って3カウントを奪取した。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

3本目のスチールケージ戦では準備ができる前からコールがオライリーを襲撃。さらに試合ではコールが満身創痍のオライリーにローブローからパナマサンライズを決めると、オライリーを手錠でロープに固定してスーパーキック連打を叩き込んだが、最後はオライリーがコールのスーパーキックをキャッチするとそのままヒールフックを決めてタップ勝ち。オライリーが2-1で3本勝負に勝利してコールとの最終決戦を制した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事