【ガンプロ】大谷晋二郎が9・12板橋で岩崎孝樹、9・25後楽園で石井慧介とシングル2連戦へ!石井から対戦アピールされ、岩崎には一騎打ちを逆要求!

 CyberFight傘下のガンバレ☆プロレスが8月28日、東京・板橋グリーンホールで「タクシードライバー2021」を開催。ホットジャパンの“熱き男”大谷晋二郎が9月12日の板橋大会で岩崎孝樹、同25日の東京・後楽園ホール大会で石井慧介とシングル2連戦を行うことが決定した。

 大谷は6月27日の板橋大会から同団体にレギュラー参戦しているが、所属するZERO1のスケジュールの都合により、この日が約2ヵ月ぶりの出場。大谷は今成夢人、島谷常寛とのトリオで出陣し、石井、岩崎、レッカ組と対戦した。

 試合は文字通り、6人が入り乱れた“熱闘”が繰り広げられ、大谷の顔面ウオッシュを岩崎があえて受けて立てば、岩崎の背中へのサッカーボールキック連発を大谷はあえて受けて立つなど、意地の張り合いに発展。

劣勢だった島谷は20分過ぎ、DDTで反撃を試みるも、石井が逆襲。最後は高角度ダブルアームDDTを決めて島谷からフォールを奪った。

 試合後、石井は「インディージュニアを落としてから、一歩引いて自分自身情けない状況でした。こんなことしてる場合じゃない。大谷さんがこのリングに上がってから、そういう気持ちが強くなりました。大谷晋二郎、後楽園で俺とシングルしてくれ!」とアピール。

 大谷は「ガンプロに上がって、毎回“なんだこの熱いのは”って思うんだよ。この試合に勝利した石井。オマエの一騎打ちを断るわけがない。後楽園でやってやる」と受諾。続けて、「俺からガンプロにお願いがある。岩崎、オマエとは闘わなければならない気がする。場所はどこだっていい。俺と一騎打ちだ。今日も熱いプロレスありがとう」と逆要求。これに岩崎は異存などなく、「晋さん、俺だって後楽園でも板橋でもどこでもいい。シングルでよろしくお願いします」と快諾した。

 バックステージで石井は「後楽園でというこだわりは強い。大谷さんは小さい頃から見てる。あこがれてる大物選手と闘って完敗する。あるいは善戦する。それをやってちゃうだつが上がらない。もう36歳、脂に乗るか乗らないか、大事な時期なんで、大谷さんがシングルを了承してくれたのは、大きいモチベーションになる。勝って“プロレスラーになってよかった”と言ってやります」とコメント。

 大谷は「ガンプロ、毎回刺激的なカード組んでくれる。レギュラー参戦決めてよかった。僕が来たことで、火がついたなら、こんなうれしいことはない。石井、岩崎、僕との闘いを求めてくれるヤツがいる。岩崎は俺から求めた。岩崎はあの男(元UWFインターの山本喧一さん)の弟子なんだろ? 山本喧一選手が育てた選手なんだろ。俺が闘わないでどうする。だからこそ意識した。でも意識した以上のモノをアイツは見せてくれるよね。四半世紀前の闘いはまだ体に残ってる。弟子のアイツと闘って、また沸き上がってくる。ワクワクしてる」と熱く語った。

 さらに、大谷は「(後楽園は)勝手に思惑があって、ある男に声を掛けた。コイツが来たらおもしろいと思って、高岩(竜一)に声掛けた。スケジュールは空けてる。でも、俺はシングル決まったから。高岩は出るつもりでいるから、高岩にふさわしいカードを組んでくれ」と高岩を連れてくることを明言した。

 大谷の発言を受けて、岩崎は「パワーオブドリームは故郷。大谷晋二郎は宿敵だと口を酸っぱく聞いていた。でも、師匠のそういのは別として、岩崎個人として一騎打ちやりたい。後楽園でも、板橋でもハコの大きさは関係ないんで今すぐにやりたい。(逆指名に)光栄。涙が出そうになった。待てないんで、次の大会でやらせてください」とコメント。

 同団体では、大谷、石井、岩崎の意向を汲んで、9・12板橋での岩崎VS大谷、9・25後楽園での石井VS大谷のシングル2連戦を決め、後楽園への高岩の参戦も決まった。

 また、桜井鷲(元鷲田周平)が一身上の都合で、後楽園大会をもって、プロレス活動を無期限休業することを発表した。「以前よりプロレスと兼業で別の仕事に就いていましたが、そこで新たな目標が見つかり、今はそちらに集中したいと強く思いました。プロレスでの経験は財産と思っていますし、この経験を活かして新しいことに挑戦していきます。自分の意志で考えて決めた、僕にとって前向きな決断です。決して引退ではありません。また皆さんの前に立つときは、プロレスラーとしても人としても大きく成長して、リングに帰ってきます。休業まで残り1ヵ月切っておりますが、一生懸命頑張ります。最後まで応援よろしくお願いします」(桜井)

 ラストマッチは「お世話になったTHE HALFEEと絡みたい」と要望し、勝崎周之助(勝村周一朗)、春見沢萌彦(春日萌花)と組み、藤田ミノル、島谷、青木いつ希組と対戦する。

【大会名】タクシードライバー2021
【日時】2021年8月28日(土)
【会場】東京・板橋グリーンホール
【観衆】101人(満員)

第一試合 ガンプロスペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○入江茂弘 vs 香取貴大●
12分32秒 体固め
※ビーストボンバー

第二試合 ガンジョスペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
まなせゆうな&○朱崇花 vs 春日萌花&HARUKAZE●
8分28秒 エビ固め
※ライガーボム

第三試合 油断も隙もないスペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
ヤス・ウラノ&●翔太 vs 新納刃&冨永真一郎○
13分28秒 片エビ固め
※JK

セミファイナル 大家健プレ・デビュー20周年記念スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○大家健&諸橋晴也 vs 勝村周一朗&桜井鷲
14分9秒 片エビ固め
※炎のスピア

メインイベント ガンプロスぺシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
大谷晋二郎&今成夢人&●島谷常寛 vs 石井慧介○&岩崎孝樹&レッカ
22分29秒 体固め
※高角度ダブルアームDDT

〈写真提供:ガンバレ☆プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事