【OZアカデミー】安納サオリと優宇が無差別級次期挑戦者決定トーナメント決勝へ!正危軍はプラズマ爆破バットデスマッチで敗戦!9.5名古屋<全試合結果>

OZアカデミー女子プロレスは5日、名古屋国際会議場イベントホールで『尾崎魔弓35周年興行~Feast of the Evil Empress~』を開催した。

今大会では無差別級王者・雪妃魔矢への挑戦権をかけた、OZアカデミー認定無差別級選手権次期挑戦者決定マジテントーナメントが行われ、安納サオリと優宇が勝ち上がり9月12日新宿大会での決勝戦で激突する。

また、メインイベントでは有刺鉄線プラズマ爆破バットデスマッチが行われ、正危軍の尾崎魔弓&桜花由美&雪妃魔矢とアジャコング&松本浩代&ラム会長が対戦し、正危軍が敗戦となった。

各試合結果は下記の通り

OZアカデミー女子プロレス名古屋国際会議場大会 尾崎魔弓35周年興行~Feast of the Evil Empress~
日時:2021年9月5日(日)12:00試合開始
会場:名古屋国際会議場イベントホール
観衆:535人

<OZアカデミー認定無差別級選手権次期挑戦者決定マジテントーナメント>
マジテンルールとは
”マジテン”とは”Magic of 10 minutes”の略称であり、10分1本勝負で行われるOZアカデミー独自のシングルマッチ。引き分けは両者とも失格となるため、超短期決戦で勝利しなければ次に進むことができない特別ルールとなる。

■第一試合: トーナメント一回戦第一試合:マジテンルール 10分一本勝負
●米山香織 vs ○優宇
3分37秒 ラストライド ⇒ 体固め
※優宇が準決勝となる二回戦進出

■第二試合:トーナメント一回戦第二試合: マジテンルール 10分一本勝負
▲倉垣翼 vs ▲青木いつ希
10分00秒 両者時間切れ引き分け
※マジ10ルールにより両者とも失格

■第三試合:トーナメント一回戦第三試合:マジテンルール 10分一本勝負
○山下りな vs ●関口翔
3分16秒 インプラント ⇒ エビ固め
※山下りなが二回戦進出

■第四試合:トーナメント一回戦第四試合:マジテンルール 10分一本勝負
●加藤園子 vs ○AKINO
9分42秒 フランケンシュタイナー ⇒ エビ固め
※AKINOが二回戦進出

■第五試合:トーナメント二回戦第一試合:マジ10ルール 10分一本勝負
○優宇 vs ●ー
不戦勝
※第二試合の倉垣vs青木が引き分けにより両選手失格、優宇の決勝進出が決定

■第六試合:トーナメント二回戦第二試合:マジ10ルール 10分一本勝負
○AKINO vs ●山下りな
8分28秒 飛び付き式腕十字固め ⇒ ギブアップ
※AKINOが準決勝となる三回戦進出

■第七試合:トーナメント三回戦:マジ10ルール 10分一本勝負
●AKINO vs ○安納サオリ(シード枠)
2分59秒 エビ固め ※加藤の誤爆から丸め込んで
※安納サオリが決勝進出。9月12日新宿大会における決勝戦が優宇vs安納サオリに決定。

■メインイベント:有刺鉄線プラズマ爆破バットデスマッチ 6人タッグマッチ時間無制限一本勝負
●尾崎魔弓&桜花由美&雪妃魔矢 
vs 
○アジャコング&松本浩代&ラム会長
23分26秒 爆破 ⇒ エビ固め
※松本による尾崎とアジャ二人まとめてのプラズマ爆破から

※この試合は特別ルールとして、場外カウント・反則カウントは無し、レフェリーが特に危険と判断する行為以外の全てが認められるストリートファイトルールが適用されており、さらに特別公認凶器として、有刺鉄線プラズマ爆破バットの使用が認められる。
当日のリング上、片側のニュートラルコーナーにはバットに仕掛けられたプラズマ爆破のON/OFFを切り替えるスイッチが設置してあり、スイッチがONになっているときにはニュートラルコーナーにあるパトランプが点灯する。このパトランプが点灯している状態でバットに強い衝撃を与えるとバットは大爆発を起こし、相手に激しいダメージを与える仕組みとなっている。

〈写真提供:OZアカデミー女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事