【AEW】9.8 ダイナマイト 鈴木みのるにモクスリーがパラダイムシフト!ルビー・ソーホーがジェイミー・ヘイターに勝利

現地時間8日(日本時間9月9日)米国にてAEW DYNAMITEの放送が行われた。

メインイベントでジョン・モクスリーvs鈴木みのるの一戦が行われた。

CMパンクはNEXTについて言及し、MJFはピルマンJr.と抗争。

ALL OUTの女子ランブル戦に華麗に登場したルビー・ソーホーはジェイミー・ヘイターを倒し女子戦線の台風の目となる。

ケニー・オメガはブライアン・ダニエルソンと抗争勃発。次のAEW世界王座戦はダニエルソンとの抗争が軸となりそうだ。

各試合の結果は下記の通り

第1試合 シングルマッチ
〇マラカイ・ブラック vs ダスティン・ローデス×

※ブラックマス

◆CMパンク◆

※ALL OUT終了後に妻からNEXTは問われて「観衆次第だ」と回答したことをCMパンクが話していると、タズが登場。チームタズの名前を出すなといちゃもんをつけていると、ホッブスやフックまで登場。これに対しCMパンクは「誰でもいいぞ。オレを倒せるヤツがいるならやってみな」と語った。

 

◆MJFとピルマンJr.◆

※MJFがウォードローと共に登場。MJFは「オレはジェリコに勝った。しかしオレへの偏見で試合が再開してしまった。」とALL OUTでの裁定に不服を述べる。

さらにリングサイドで観戦中のブライアン・ピルマンの娘にの親であるピルマンの挑発をすると、ピルマンJr.が音楽にのって登場。ピルマンJr.はマイクで対抗。地元の大歓声を受けてMJFと舌戦を展開し、MJFの挑発にリングインするがウォードローが間に入る。

MJFはウォードローをどかせて直接ピルマンJr.を挑発。これに怒ったピルマンJr.は馬乗りになり殴り掛かる。ウォードローは後ろからスープレックスでピルマンJr.を投げ飛ばす。救出に入ったグリフ・ギャリソンだったがウォードローとMJFにより返り討ちにあう。

 

第2試合 シングルマッチ
〇パワーハウス・ホッブス vs ダンテ・マーティン×

※スパインパスター

 

第3試合 シングルマッチ
〇ルビー・ソーホー vs ジェイミー・ヘイター×

※ライオットキック

※WWEで活躍したルビー・ソーホーとスターダムでも活躍したジェイミー・ヘイターの一戦。試合はルビー・ソーホーがライオットキックで勝利。

試合後、AEW女子王者のブリット・ベイカーがルビー・ソーホーを襲う。走って救出に現れたのは里歩。ジェイミー・ヘイターは里歩をバックブリーカーで返り討ちに。さらにパイプイスを手にしたクリス・スタットランダーも現れ、女子戦線は混迷を極める。

 

第4試合 6人タッグマッチ
FTR&ショーン・スピアーズ〇
vs
×ダークオーダー

※C4

 

◆ケニー・オメガとブライアン・ダニエルソン◆

※ジ・エリートはケニー・オメガのPWI500(プロレスリング・イラストレイテッドのレスラーランキング)で首位となったことを喜ぶ。さらに先日のALL OUTでジ・エリートに加わったアダム・コールを呼び出す。

アダム・コールは「AEWは世界で最高のプロレス団体。それはジ・エリートによるところが大きい。来週の放送でリングデビューする」と語る。

次に黄色のジャケットにサングラス姿でケニー・オメガがマイクで喋っていると、こちらも先日のALL OUTでAEWのリングに現れたブライアン・ダニエルソンがワルキューレの騎行にのって登場。

ケニー・オメガはジ・エリートの面々を下がらせて1対1でブライアンと向き合う。ブライアンは観衆にケニーとの戦いを見たいかと問うと大喝采。ブライアンはケニーに対して「オレの方が優れていることをわかっているからビビッてんるんだろ?オマエはオレのレベルに達してない」と挑発。たまらずケニーはブライアンを急襲するも、イエスロックで切り返される。

ジ・エリートもケニーを救出しようと全員でストンピングをするが、クリスチャン・ケイジとフランキー・カザリアンにジュラシックエクスプレスが登場しジ・エリートを除外する。

ラストはブライアン・ダニエルソンがリングに残ったブランドン・カトラーにランニングニーを食らわす。

 

第5試合 シングルマッチ
〇ジョン・モクスリー vs 鈴木みのる×

※パラダイムシフト

※新日本プロレスでも激闘を果たした2人がAEWで再びの激突。みのるがスリーパーホールドからのゴッチ式パイルドライバーを狙うも、モクスリーはそれをこらえてパラダイムシフトを見舞う。モクスリーは前後からラリアットを放ち、みのるは3発目をドロップキックで切り返す。みのるは再度のスリーパーホールドをかけるも、モクスリーはこれを抜け出しナックル一閃、朦朧とするみのるにダメ押しのパラダイムシフトをかけ勝利を奪った。

勝利したモクスリーは地元シンシナティのファンの間を練り歩き喜びを分かち合う。観客席でファンに囲まれてウィンクをするモクスリーの絵で番組は終了した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事