【FMW-E】保坂秀樹さんの追悼バトルロイヤルは雷神矢口が優勝!師・大仁田厚「俺のいいとこも悪いとこも全部受け止めてくれた」

 FMW-Eが9月12日、神奈川・鶴見爆破アリーナ(鶴見青果市場)で旗揚げ第3戦「BATTLE ROYAL」を開催。会場内には、8月2日にがんのため亡くなった保坂秀樹さん(享年49)の献花台が設けられ、ファン、関係者が故人をしのんだ。第2試合開始前には追悼セレモニーが行われ、師・大仁田厚、雷神矢口、加治木英隆社長がリングに上がり、今大会に出場する全選手がリングを取り囲んで10カウントゴングが捧げられた。

 その後に行われた追悼試合(ストリートファイト・バトルロイヤル)には大仁田厚のほか、雷神矢口、マンモス佐々木、リッキー・フジ、HASEGAWA、パンディータ、江野澤和樹に加え、谷口裕一、佐野直が急きょ出場。

まずは大仁田が全員総掛かりでフォールされると、その後、続々と選手が失格。

最後は矢口がダウンしていたパンディータめがけて、HASEGAWAをブレーンバスターで投げ、2人まとめて同時にフォールして優勝した。

 大仁田は「矢口、おめでとう。保坂にご祝儀を出せ。今回は賞金じゃなくて、勝ったヤツからもらうんだよ」と辛らつなマイク。たじたじの矢口は「20何年かいっぱいやった大仁田さんと4年ぶりに闘えてうれしかった」と返すのが精いっぱいだった。

 全試合終了後、大仁田は「弟みたいなもんだったからさびしい。新潟の糸魚川から、ご両親も来てくれて。俺のいいとこも悪いとこも全部受け止めてくれて、最後までついてきてくれた」としんみりと語った。

 なお、今大会では保坂さんのオリジナルグッズが販売され、制作経費を差し引いた収益の全部、及びグッズ、興行収入の一部が遺族に渡される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事