【日本プロレス殿堂会】ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、長州力が殿堂入り!長州「後を継ぐ選手たちの少しでも役に立てたら」

日本プロレス殿堂会は15日、東京・後楽園ホールにて日本プロレス史70周年記念大会『LEGACY(レガシー)』2連戦の2日目を開催した。

この殿堂会は日本プロレスの歴史、選手を後世に残していくための中立後援組織として2020年3月に発足。日本のプロレス文化伝承、その歴史を創ってきた先人やレジェンドたちの功績を後世に伝え、敬い、引退したプロレスラーの人生をサポートしていくことを目的としている。

今大会では、参戦各団体の提供マッチ、バトルロイヤル、そして殿堂入りセレモニーが2日に渡って行われ、初日にはアントニオ猪木、天龍源一郎、藤波辰爾、2日目にはジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、長州力が殿堂入りとなった。

メインイベント終了後にスクリーンアントニオ猪木、将軍KYワカマツ、木村健悟、ザ・グレート・カブキ、川田利明、武藤敬司、ドリー・ファンクJr、ミル・マスカラスの歴史を作ってきたレスラー達からのお祝いのメッセージVTRが流された。

馬場さん、鶴田さんのインダクターの和田京平レフェリーがそれぞれに思い出を振り返りながらコメントをすると、馬場さんの代理人で肖像権を管理する緒方公俊氏、そして鶴田夫人からの指名を受けた木原文人リングアナウンサーに代理人として記念品が贈られた。

続いて、長州力のインダクターの天龍源一郎が登場し「長州力はつねに長州力として輝きを失うことはなく、己を信じ、貫いてきた人だと思っています」とコメントすると天龍の呼び込みで長州が登場し記念品を受け取った。

長州は「我々の後を継ぐ選手たちに何かできるんじゃないかと。せめて背中を押して、何か少しでも選手たちの役に立とうということでできた殿堂会です」

「まだまだ若い選手たちは先が長いです。どうかみなさま方のご声援で彼らがこのリングの中で熱い闘いできるように、どうか熱いご声援をこれからもよろしくお願いします。」と挨拶。

最後に天龍が「今日のこの熱を次の世代のプロレスラーの人たちに分けてあげてください。これからもプロレスをよろしくお願いします」と挨拶すると最後に「エイ・エイ・オー!」3回で大会を締めた。

日本プロレス殿堂会は、2022年10月9日(日)、10日(月)に東京・後楽園ホールにて『LEGACY Ⅱ』の開催決定を発表。来年はどのような大会になるのか楽しみである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事