【新日本】『G1』ザックが大阪で内藤にリベンジ達成!次戦の鷹木戦に向け「2009年のお前にもう一度戻ってくれ。俺はその時のシンゴに勝ちたいんだ」<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは9月18日(土)、大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)にて『G1 CLIMAX 31』の開幕戦を開催。

今大会ではAブロック公式戦5試合が行われた。

第5試合では内藤哲也とザック・セイバーJr.が対戦。

IWGPタッグをめぐる因縁ある両者。

そして今回は7.23大阪府立のシングルマッチでの再戦となった一戦。

テクニシャン同士の一戦は隙を見せると互いの得意技が決められるとあって、技の読みあいの中、終盤内藤がデスティーノをザックが回避し、複合関節技(YES! I AM A LONG WAY FROM HOME)を決め見事内藤からギブアップを奪い大阪でのリベンジに成功した。

試合後のバックステージでザックは次戦の鷹木信悟戦に向け「シンゴとのシングル、楽しみだ。もう1回、あの時みたいにモヒカンにしろよ? 2009年のお前にもう一度戻ってくれ。俺はその時のシンゴに勝ちたいんだ」とコメント。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月18日(土) 15:30開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:1,963人

▼第5試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦
内藤 哲也 ×(1敗=0点)
vs
ザック・セイバーJr. 〇(1勝=2点)
27分05秒  YES! I AM A LONG WAY FROM HOME

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2