【九州プロレス】”タッグ全国大会”「グローカル・タッグトーナメント2021」組合せ決定!

 

九州プロレスは9月22日、東京ドームホテルにおいて「グローカル・タッグトーナメント2021」記者会見・組合せ抽選会を東京都・東京ドームホテルで行った。このトーナメントは全国各地に拠点を置く団体から各チームが「地域の誇りをかけ」全国一のタッグチームを目指す、プロレス界初の”全国大会”とし福岡市に拠点を置く九州プロレスが企画した。大会は全て福岡市内で開催されるが全大会、YouTubeで実況生中継される。

今回の会見は、大会を主催するNPO法人九州プロレス 筑前りょう太理事長の「国内の各地域で闘う選手達の存在を、是非、全国の皆様に知って欲しい」という思いにより都内で開催され、会見には全8チームが参加し抽選の結果、組合せが決定した。

大会日程
《一回戦》10月4日(月) 福岡市・西鉄ホール

(九州代表)めんたい☆キッド、野崎広大vs斎藤了、神田裕之(神戸代表)

(沖縄代表)グルクンマスク、首里ジョーvsビリーケン・キッド、アルティメットスパイダーJr(大阪代表)

(東北代表)GAINA、のはしたろうvs真霜拳號、花見達也(千葉代表)

(九州代表)玄海、佐々木日田丸vsクワイエット・ストーム、ディラン・ジェイムス(海外代表)

※試合順未定

《準決勝》11月1日(月) 福岡市・西鉄ホール
《決勝戦》12月6日(月) 福岡市・西鉄ホール

 
大会情報は公式サイトにて
 

▼会見の様子はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事