【WWE】ビッグEが仲間割れしたラシュリーをビッグ・エンディングで沈めて6人タッグ戦を制す

日本時間9月27日、オハイオ州コロンバスのネイションワイド・アリーナにて行なわれたPPV「エクストリーム・ルールズ」がライブ配信された。

◆ビッグEが仲間割れしたラシュリーをビッグ・エンディングで沈めて6人タッグ戦を制す

ニュー・デイとボビー・ラシュリー&AJスタイルズ&オモスが6人タッグ戦で激突し、WWE王者ビッグEが仲間割れした元王者ラシュリーにビッグ・エンディングを叩き込んで勝利した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ビッグEはクローズラインを食らいながらもラシュリーにショルダータックルやストンプの連打を放つとAJにはベリー・トゥ・ベリー3連打からビック・スプラッシュを決めて攻め込んだ。

さらに終盤にはビッグEがラシュリーに追い詰められるも、止めを狙っていたラシュリーが勝手に交代したAJにスピアーを放って仲間割れとなると、この隙にビッグEがラシュリーにビッグ・エンディングを叩き込んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ビッグEが因縁のラシュリーを沈めて6人タッグ戦を制した。

試合後、ラシュリーは「明日、男らしく1対1で王座戦だ!タイトルを取り戻す」と息巻いて王座戦を要求するとビッグEも「俺は準備できている!お前こそ覚悟した方がいいぞ」と受諾して2人のWWE王座戦リマッチがロウで決定した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事