【新日本】無敗対決はザックがオーカーンを下し無傷の4連勝!「俺のような世界最高のテクニカルレスラーには通じないんだよ!」<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは9月30日(木)、東京・後楽園ホールで『G1 CLIMAX 31』第7戦を開催。

今大会ではAブロック公式戦(4日目)全5試合が行われた。

第3試合の公式戦はIWGPタッグ王者のザック・セイバーJr.(3勝0敗)とグレート-O-カーン(4勝0敗)が対戦。

無敗対決となった両者は初シングル。

序盤からザックのサブミッションに対しオーカーンもそれに呼応し応戦。

 

終盤エリミネーターを狙うオーカーンに、ザックが空中で三角締め(技名は「この脚どうだ」)に捕らえ、ギブアップを奪い無傷の4連勝となった。

試合後、勝利を収めたザック・セイバーJr.は「あのグレート-O-カーンが俺にとって一番キツい相手だったとはな。でも、最後にギブアップを獲ったのはこの俺だ! BARRY BIG TEKKERS! みんなひとつのテクニックに頼りすぎなんだ。ほかのヤツに効果的でも、俺のような世界最高のテクニカルレスラーには通じないんだよ!」とコメント。

※試合後バックステージコメントを全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月30日(木) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:689人

▼第3試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦
ザック・セイバーJr. 〇(4勝0敗=8点)
vs
グレート-O-カーン ×(4勝1敗=8点)
15分26秒  この脚どうだ

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2