【東京女子】プリプリ王者・山下実優が伊藤麻希との熱闘を制しV3に成功!「来年3・19両国国技館も必ずチャンピオンとしてメインに立つ」

 東京女子プロレスが10月9日、東京・大田区総合体育館で年間最大の祭典「WRESTLE PRINCESS Ⅱ」を開催。プリンセス・オブ・プリンセス王者の山下実優が伊藤麻希とのパートナー対決を制して、3度目の防衛に成功。メインイベント終了後、同団体は22年3月19日に東京・両国国技館に初進出することを発表し、山下は同大会でもチャンピオンとしてメインを張ることを誓った。

「121000000(ワン・トゥー・ミリオン)」でタッグを組む両者の一戦はまさしく熱闘となった。序盤、腕の取り合いから、山下がキックを連打。伊藤は場外戦で鉄柱にぶつけ、飛びつきDDTを繰り出してダメージを与えた。

10分過ぎ、壮絶なエルボー合戦の後、山下はミドル、ロー、ハイとキックの乱れ打ち。それでも立ち上がった伊藤はフライング・ビッグヘッド、ヘッドバットで反撃。山下はジャーマンで投げると、Skull kickを狙いにいくも、かわした伊藤は伊藤デラックスに移行。

これをなんとか逃れた山下は頭部にヒザをたたき込んだ。Skull kickがズバリと決まると、山下は正面からクラッシュ・ラビットヒートをぶちかまして3カウントを奪い、死闘に終止符が打たれた。

 山下は「オマエは本当に強くなった。存在もメチャクチャ大きくなって、そういうオマエだからこそ、私はこのベルトを懸けて、この場所で闘いたいと思ったし。今日こうして強くなれたのも、オマエという存在があったから。でも私と伊藤の闘いはまだ終わってない。終わってないし、私とオマエの121000000も終わってないよね?」と確認。伊藤は山下が差し出した手をしっかり握り返して抱擁。闘いを通して、改めて認め合った2人はタッグ継続の意思表示をした。

 そして、ステージ上に全選手が集結すると、山下は「私たちから、皆さんに見てほしいものがあります」と言うと、スクリーンでは22年3月19日に両国で「GRAND PRINCESS ’22」を開催することが発表された。

 バックステージで山下は「いろんな意味で一番強い相手でした。私の人生で一番大切な宝物を絶対に守りたいという一心で闘いました。勝ったけど、まだ私と伊藤の闘いは終わってないし。握手もしてくれたので、121000000も終わってないよね? 私と伊藤はこれからもそれぞれの闘い方で、東京女子を盛り上げていきます」とコメント。

 続けて、「私は8年前からずっと闘ってきて。DDTの両国でデビューした日から、いつか東京女子単独で両国でやりたいって気持ちを持ち続けてきて。やっと、この今の仲間で両国に行けるのはすごくうれしいです。改めて決意しました。両国も必ずチャンピオンとしてメインに立ちます」と力を込めた。

 敗れた伊藤は「山下のことは尊敬してる。強いことも分かってる。でも負けたくなかったんだよ。これからもタッグは続けていきたいし、山下のことは大好きなんだけど、負けたくなかった。だから強くなるしかない」と悔し涙にくれた。

 また、同団体では22年の主要日程を発表し、1月4日、2月11日、4月9日、5月3日、6月19日、8月13日&14日(第9回東京プリンセスカップ)に後楽園ホール大会を、10月9日に東京ドームシティホールで「WRESTLE PRINCESS Ⅲ」を開催する。初の両国への進出も決まり、22年は飛躍の年になりそうだ。

【大会名】WRESTLE PRINCESS Ⅱ
【日時】2021年10月9日(土)
【会場】東京・大田区総合体育館
【観衆】914人

オープニングマッチ 20分一本勝負
○らく&原宿ぽむ&ラム会長 
vs 
猫はるな●&桐生真弥&鳥喰かや
10分9秒 片エビ固め
※ドクターイエロー

第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
辰巳リカ vs ●ハイパーミサヲ vs 天満のどか○
10分55秒 片エビ固め
※キルスイッチ

第三試合 20分一本勝負
○上福ゆき&朱崇花 
vs 
角田奈穂●&小橋マリカ
10分30秒 片エビ固め
※ダイビング・フェイマサー

第四試合 20分一本勝負
里歩&○中島翔子 
vs 
鈴芽●&遠藤有栖
14分52秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン

第五試合 スペシャルタッグマッチ 20分一本勝負
○アジャコング&宮本もか 
vs 
渡辺未詩&荒井優希●
16分3秒 片エビ固め
※ダイビング・エルボードロップ

第六試合 インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○乃蒼ヒカリ vs 愛野ユキ●<挑戦者>
11分27秒 ブリザード・スープレックス・ホールド
※第6代王者が3度目の防衛に成功。

セミファイナル プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>沙希様&●メイ・サン=ミッシェル 
vs 
<挑戦者組>坂崎ユカ&瑞希○
18分33秒 キューティースペシャル
※沙希様組が3度目の防衛に失敗、マジカルシュガーラビッツが第9代王者組となる。

メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 伊藤麻希●<挑戦者>
17分23秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート。第9代王者が3度目の防衛に成功。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事