【新日本】飯伏幸太がKENTAを破りAブロックを突破!飯伏「三連覇してみせます」<G1 CLIMAX31>10.18 横浜武道館大会

新日本プロレスは10月18日(月)、神奈川・横浜武道館で『G1 CLIMAX 31』の第17戦を開催。

今大会ではAブロック公式戦最終4試合を含む、全5試合が行われた。

G1 CLIMAX 31
日時:2021年10月18日(月) 17:00開場 18:30開始
会場:神奈川・横浜武道館
観衆:874人

Aブロック突破への望みをつないだのは4名。そのうちIWGP世界ヘビー王者の鷹木信悟は高橋裕二郎に引き分けに持ち込まれ脱落。ザック・セイバーJr.はタンガ・ロアに敗れ優勝決定戦への望みを絶たれた。最終的にメインイベントの勝者がAブロック代表となるシチュエーションとなった。

メインイベントでは優勝決定戦への切符をかけた飯伏幸太とKENTAが対決。再三のKENTAによる場外カウントアウト作戦を乗り切った飯伏がKENTAのgo 2 sleepを交わしてジャンピングニ―、リバースカミゴェからの正調カミゴェで勝利をつかみ取りAブロックを突破。4年連続でのG1優勝決定戦へと駒を進め、3連覇を誓った。

試合経過は下記の通り

KENTAは飯伏の脚を殺して場外カウントアウト勝ちを狙う

序盤はKENTAがラフ殺法で場外に飯伏を何度も連れ出し場外カウント20ギリギリに飯伏が帰還という展開が続く。

KENTAはレフェリーのブラインドをついてのイス攻撃

これに怒った飯伏はリング下より長机を取り出し、斜めになっているのにもお構いなしでダイブ

KENTAはダイビングフットスタンプで飯伏の内臓をえぐる

終盤、KENTAががっちりと飯伏の腕を極めてのGAME OVER。飯伏もあわやと思わせられるも足を回してロープエスケープ

KENTAはブサイクへの膝蹴りで飯伏を追い詰める

KENTAのgo 2 sleepをジャンピングニーで切り返した飯伏はあらわにした膝でリバースのカミゴェ

最後は生膝での正調カミゴェで勝負を決めて見せた。

▼第5試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦
〇飯伏幸太(7勝2敗=14点)vs KENTA✖(6勝3敗=12点)
26分16秒  カミゴェ→片エビ固め

飯伏「みなさん、本当に、本当にありがとうございました。そしてKENTAさん。色々、付き合ってくれてありがとうございます、本当に。これは本当に。本当にありがとうございます。そして、そして!優勝するチャンスを、つかむことができました!。これでー!4度目の優勝決定戦。そして、そのチャンスを、ボクは絶対に逃さない。三連覇してみせます!。この言葉、いつも言ってますよね。ボクは何からも、逃げない!負けない!諦めない!そして!絶対に裏切らないから!。ありがとうございました!」

次ページ、飯伏とKENTAのバックステージコメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2