【WWE】里村明衣子が大技3連打でジニーを撃破してV3「王座防衛したが、私はいつもチャレンジャーだ」

“ファイナルボス”こと里村明衣子(with エミリア・マッケンジー)が大技3連打でジニー(with ジョセフ・コナーズ)を下して3度目のNXT UK女子王座防衛に成功した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤、里村はジニーのヘッドシザースやドラゴン・スクリューを食らいながらも「いくぞ」と気合いを入れるとスピニング・ヒールキックや側転式ニー・ドロップを放って白熱の攻防を展開。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに里村がフロッグ・スプラッシュやSTFでジニーを追い詰めるとセコンドのコナーズに介入を狙われたが、エミリアがスタナーを放ってコナーズを阻止。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

すると今度は里村がジニーのヒールキックを食らってピンチとなったが、オーバーヘッドキックで打開すると最後はデスバレーボムからスコーピオライジング、さらに止めのデスバレーボムと大技の3連打を叩き込んで王座防衛に成功した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、3度目の防衛に成功した里村は「王座防衛したが、私はいつもチャレンジャーだ。ジニーという素晴らしい対戦相手が挑戦してくれたことに感謝している。NXT UKには高度なグラウンドテクニックと試合のスキルがある。次は誰だ?」と自身のツイッターに投稿した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事